英 文 和 訳 028

The metaphysical approaches have assumed the existence of a supreme, and usually divine, creator whose ends and means have been either revealed to, or otherwise perceived by, selected individuals in an extra-sensory manner (e.g., mystical experiences, dreams, etc.). Those who have not had the benefit of such direct experiences have either accepted or rejected the 'evidence' of those who have as a matter of personal preference ― acceptance, of course, being an act of faith rather than of reason. The chief disadvantage of this method, from a practical point of view, is that divinely revealed information must be accepted as absolutely true, that is, true for all time despite any evidence that may crop up to conflict with it. This dilemma has given rise to theology, which may be described as the art of fitting new evidence into old explanations. Science, on the other hand, has no dogmatic beliefs of this kind, scientific knowledge being self-correcting. Any fresh evidence that may appear either discredits or helps to confirm existing theories: if evidence builds up against a theory it is discarded and a better one sought in its place. (大学入試問題より引用)

 

The metaphysical approaches have assumed the existence of a supreme, and usually divine, creator whose ends and means have been either revealed to, or otherwise perceived by, selected individuals in an extra-sensory manner (e.g., mystical experiences, dreams, etc.).                                                                     

assume     ~を前提とする, ~と仮定[想定, 臆測, 推測]する

supreme     最高位の, 至上の, 最終の, 究極の

divine   神聖な, 神の, 神から授かった, 天与の, すばらしく良い, 神学者, 占う

reveal      啓示する, 啓示, ~を明らかにする

e.g.     例えば (ラテン語の exempli gratia の略。通例、「for example」と読む。)

 

the existence of a supreme, and usually divine, creator

►supreme と usually divine が、creator にかかっている。

☞ 至上の、そして常に神聖な、創造主の存在

 

have been either revealed to, or otherwise perceived by, selected individuals

►revealed toとperceived by が、selected individuals にかかっている。

☞ 選ばれた人々に啓示されるか、あるいは、選ばれた人々によって感知される

 

試 訳 例

形而上的な取り組みは、至上の、そして常に神聖な、創造主の存在を前提としてきた。創造主の目的や手段は、超感覚的な方法(例えば、神秘体験や夢やその他)で、選ばれた人々に啓示されるか、あるいは、そうでなければ、選ばれた人々によって感知されるのである。

 

Those who have not had the benefit of such direct experiences have either accepted or rejected the 'evidence' of those who have as a matter of personal preference ― acceptance, of course, being an act of faith rather than of reason.                                                                      

evidence      証拠, 根拠, 証明, 事実, 証言, 明白に示すもの,(神学)証(あかし)

preference      好み, ひいき, 選択, 採択

reason      理性, 道理, 理屈, 分別

 

the benefit of such direct experiences

►この of は、「同格の of」  the idea of remodeling one’s house  家を改築するという考え   the five of us  私たち5人

☞ そのような直接体験という恩恵

 

the 'evidence' of those who have

►have の後に、had the benefit of such direct experiences が省略されている。         ►この evidence には、quotation marks が用いられていることから、特別な意味を持つものと考えられる。キリスト教においては、神との出会いや神から得た恵みを人に伝えることを「証(あかし)」と呼ぶとのこと。したがって、ここでは、「証」という訳が妥当であると判断した。

►― acceptance, of course, being an act of faith rather than of reason は、独立分詞構文の副詞句が文尾に置かれたものである。acceptance を意味上の主語とする。文脈から判断して、理由を表わしていると解釈される。なお、ダッシュは、カンマに代わって用いられたものと思われる。  We all yelled out into the void at the top of the mountain, our voice echoing through the mountains.  山の頂上で、みんなで空に叫ぶと、声が山々に響き渡った。

☞ 受容するということは、もちろん、理性的行為というよりは、むしろ信仰的行為である  

 

試 訳 例

そのような直接体験という恩恵を受けたことのない人々は、そんな恩恵を受けたことのある人々の「証」を、個人的な好みの問題として、受容するか、または拒絶するかのどちらかである。なぜなら、受容するということは、もちろん、理性的行為というよりは、むしろ信仰的行為だからである。

 

The chief disadvantage of this method, from a practical point of view, is that divinely revealed information must be accepted as absolutely true, that is, true for all time despite any evidence that may crop up to conflict with it.                    

disadvantage     不利な状態[立場, 点], 不利, 劣勢, 不都合(な事情)

divinely      神の力によって, 神のように, 神々しく 

 

the chief disadvantage of this method

►this は、「形而上学的な取り組み」を指す。

☞ 而上学的な取り組みの手法の主たる難点

 

divinely revealed information must be accepted as absolutely true, that is, true for all time despite any evidence that may crop up to conflict with it

►as absolutely true, that is, true for all time 「絶対的な真理として、つまり、永遠に真理として」 (for all time は、「永久に,  いつまでも」の意。)      ►crop up 「不意に現れる,  不意に起こる」   His name just cropped up in conversation.  彼の名前が、会話の最中に不意に出た。     ►despite any evidence that may crop up to conflict with it 「突然に現れ、(その結果)それと相反するどんな証拠にもかかわらず」 ⇒ 「それと相反するどんな証拠が現れようとも」 (conflict with A は、「A と衝突[対立, 相反]する」の意。)

☞ 神の力によって啓示された知識は絶対的な真理として、つまり、神の力によって啓示された知識と相反するどんな証拠が現れようとも、永遠に真理として受け入れられなければならない

 

試 訳 例

現実的見地からすると、而上学的な取り組みの手法の主たる難点は、神の力によって啓示された知識は絶対的な真理として、つまり、神の力によって啓示された知識と相反するどんな証拠が現れようとも、永遠に真理として受け入れられなければならないということである。

 

This dilemma has given rise to theology, which may be described as the art of fitting new evidence into old explanations.

dilemma     ジレンマ, 板ばさみ, 窮地, 難局

theology     神学

explanation      解釈, 説明, 解明, 釈明, 意味, 真相, 理由

 

This dilemma has given rise to theology, which may be described as the art of fitting new evidence into old explanations.

►give rise to A 「A を(引き)起こす,  A を生じさせる」   Such conduct will give rise to suspicion.  そのような行動は疑いを生むだろう。    give rise to a feeling of alienation  疎外感を生じさせる[引き起こす]       ►describe A as B 「A を Bと呼ぶ[称する], A を Bと評する,  A を B と表現する」     ►fit A into[to]B 「A を Bに適合させる」 

                 

試 訳 例

このジレンマは神学を生み出した。そして、その神学は、新しい事実を古い解釈に当てはめる技法と評されるかもしれないのである。

 

Science, on the other hand, has no dogmatic beliefs of this kind, scientific knowledge being self-correcting.                                         

dogmatic     独善的な, 独断的な, 独断主義の, 教義上の

 

scientific knowledge being self-correcting

►理由を表わす独立分詞構文と思われる。

☞ 科学的知識は自己修正するので

 

試 訳 例

これに対して、科学にはこの種の独善的な信念は存在しない。なぜなら、科学的知識は、自らを修正するものだからだ。

 

Any fresh evidence that may appear either discredits or helps to confirm existing theories: if evidence builds up against a theory it is discarded and a better one sought in its place.                                                 

existing     現在の, 既存の, 現行の

 

either discredits or helps to confirm existing theories

►discredits と helps to confirm が、existing theories にかかっている。(discredit A  は、「A を信頼できないものとする,  A の信用[評判]を落とす」の意。 confirm A は、「A を裏付ける,  A を確かにする」の意。)

☞ 既存の理論を信頼できないものとするか、既存の理論を裏付けるのに役立つかのいずれか

 

evidence builds up against a theory

►build up 「次第に強まる[高まる, 増える], ~を増強する, ~を確立する」   The carbon dioxide build up to a dangerous level. 二酸化炭素が危険なレベルまで上昇した。     Pressure has built up. プレッシャーが増大してきた。    ►against A 「A に反対して,  A に逆らって」   act against one's will  自分の意思に反してふるまう       argue against a proposal  提案に反論する

☞ 証拠が、ある理論に反して、確たるものとなる

 

it is discarded and a better one sought in its place

►it[= the theory]is discarded and a better one (is) sought (2つの文が、同じ述語動詞を有し、and や or などの等位接続詞で結ばれている場合には、その動詞の反復を避けるため、等位接続詞の後の動詞は省略されることがある。)       ►in A's place 「A の代わりに」(= in the place of A) I attended the party in his place.  彼の代わりに、そのパーティーに出席した。

 

☞ その理論は捨てられ、それに代わって、より良い理論が模索される

 

試 訳 例

現われ得るどのような新たな証拠も、既存の理論を信頼できないものとするか、既存の理論を裏付けるのに役立つかのいずれかである。もし証拠が、ある理論に反して、確たるものとなれば、その理論は捨てられ、それに代わって、より良い理論が模索されるのだ。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。    メールフォーム