英 文 和 訳 024

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory. I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages. But often I have remembered these very occasions myself and have been able accurately to recall the extreme misery, awkwardness or humiliation of the very people who later claimed to have been just then so happy. And I myself tend to create a mythical childhood in my own memory. It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry. And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.  (大学入試問題より引用)

 

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory. I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages.

conveniently     便利よく, 好都合に, 好都合なことに

sincerely     心から

agreeable     好ましい

theory     見解, 持論, 理論, 仮説

 

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory.                                                                       

►as the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives の did は、代動詞であり、imagined を表すと思われる。    ►fit in with A 「A と調和する,  A に適合する」   I'll fit in with your schedule. あなたの都合に合わせます。

☞ 昔の詩人が過去のことについて描いたように、我々は、自分自身の人生のなかに黄金時代を思い描きたがるものである。そして、この好ましい見解と相いれない事実は都合よく忘れてしまうのだ。

 

I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages.                                                                                                           

►quite sincerely 「本当に心から,  大まじめに」     ►describe to A B 「A(人)に B について説明する」(= describe B to A)   I will describe my new job to you. あなたに新しい仕事のことを話そう。

☞ 私は、他人の場合のこうしたことをずっと見てきた。彼らは、ある出来事やある年齢において、自分がとても幸福だったことを、本当に心から私に語ったものだ。

 

試 訳 例

昔の詩人が、過去のことについて描いたように、我々は、自分自身の人生のなかに黄金時代を思い描きたがるものである。そして、この好ましい見解と相いれない事実は都合よく忘れてしまうのだ。私は、他人の場合のこうしたことをずっと見てきた。彼らは、ある出来事やある年齢において、自分がとても幸福だったことを、本当に心から私に語ったものだ。

 

But often I have remembered these very occasions myself and have been able accurately to recall the extreme misery, awkwardness or humiliation of the very people who later claimed to have been just then so happy. And I myself tend to create a mythical childhood in my own memory.

awkwardness     不器用さ, ぎこちなさ, 気まずさ

humiliation      屈辱, 恥

 

I have remembered these very occasions myself

►この very は、this / that / the / one's などに伴って、「まさにその,  まったくの,  〜だけでも,  ~そのもの,  ほかならぬ~」の意。  that very person ほかならぬその人    ►この myself は、強意として用いて、「私自身,  私自ら」の意。 I myself went there.[= I went there myself.]私が自らそこへ行った。

☞ 私自身が、まさにそれらの出来事を覚えている         

 

the very people who later claimed to have been just then so happy

►to have been just then so happy は、「ちょうどその頃はとても幸せだったということ」の意。 このように不定詞によって述語動詞の時制よりも前のことを表す場合は、「to have+動詞の過去分詞」という完了形不定詞を用いる。  The man is said to have been rich. その男は金持ちだったと言われている。       ►just then 「ちょうどその時, ちょうどその頃」  

☞ ちょうどその頃はとても幸せだったと、後になって言い張るその人

 

試 訳 例

しかし、たいてい、私自身は、まさにそれらの出来事を覚えていて、ちょうどその頃はとても幸せだったと、後になって言い張るその人は、(実のところ、)極めて悲惨で、見苦しく、屈辱的であったということを、正確に思い出すことができるのだ。そして、私自身も、自分の記憶の中で、架空の幼少時代を作り出すようなところがあるのだ。

 

It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry. And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.

mythical      架空の, 根拠のない, 想像的な, 神話(時代)の, 神話的な, 神話[伝説]上の

deliberate      意図的な, 故意の, 慎重な,思慮深い, 熟考する, 思案する, 検討する

cruelty      残酷さ, 無慈悲さ, 冷酷さ, じゃけん, 残虐性, 残虐な行為 

agitation      動揺, 興奮, 扇動,(人の心を)かき立てること

perplexity      当惑

impress      感銘を与える, 印象づける, 感動させる

thrust      強く押す,(ぐいと)押し付ける, 押しやる, 押し出す, 突き出す, 突き刺す

 

It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry.                                          

►it is based on the facts that … この it は、 the mythical childhood を指す。  that 節が3つ続くが、すべて the facts と同格である。   ►the facts は、「本当のこととして語られること,  真実であると言われること,  起こったと思われること,(人の言う)事実,  申し立て」の意であるが、 ここでは、文脈からして、実際のことではなく、記憶が変容してできた「事実」のことと考えられる。よって、「思い込み」と解釈した。     ►be comfortably off 「楽に暮らしている, ゆとりのある暮らしをしている, 食うに困らない, 暮らしが楽である」(= be well off)  ►be subject to A 「A の対象になる,  A にさらされている」   be subject to ridicule  笑いものにされる      be subject to criticism  批判にさらされている         ►as other boys often are は、are の後に subject が省略されたものである。     ►deliberate cruelty は、直訳すれば、「意図的残虐行為」と言ったところだが、ここは、「特に厳しいしつけ」と解釈した。

☞ その架空の子供時代は、自分の両親が、ゆとりのある生き方をしており、自分に優しく、よく他の子供が受けるような、特に厳しいしつけを受けたことは一度もなく、また一度もひもじい思いをしたことがないという、思い込みに基づいたものである。

 

And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.

►with A in mind 「A を考慮して,  A を念頭に置いて,  A を踏まえた上で」 The public garden is created with children in mind. その公園は、子供に配慮してつくられた。  ►tend to do 「~しがちである,  ~する傾向がある」   He tends to be overly optimistic.  彼はあまりにも楽天的になりがちだ。  ►incidental to A 「A にありがちな,  A におこりがちな,  A につきものの,  A に付帯する」   the hesitation incidental to the use of a foreign language  外国語を用いる際にありがちな気後れ      confusion incidental to a quick change  急激な変化に付随する混乱          ►may well do 「たぶん~だろう, ~するのはもっともだ」  You may well be right. たぶん君は正しいだろう。 He may well say so. 彼がそう言うのももっともだ。  ►A impress oneself on B 「A(物・事)が B(人・心・記憶)に刻みつく」    The way he died impressed itself on[in]my memory. 彼の死にざまが、私の脳裏に焼き付いた。   Her words impressed themselves on me. 彼女の言葉は、私の記憶に刻み込まれた。       ►all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness 「我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと人格の中に焼きつくだろう」 ここは、「all the 比較級 〜 the 比較級 …」という構文であり、「…すればするほど、それだけいっそう〜」と訳し上げる。

☞ これらの事実からして、私は、子供時代にはつきもので、そして我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと性格に刻み込まれるであろう、本当の恐怖、失望、動揺、そして当惑をすべて忘れてしまうという傾向があるのだ。

  

試 訳 例

その架空の子供時代は、自分の両親が、ゆとりのある生き方をしており、自分に優しく、よく他の子供が受けるような、とくに厳しい躾を受けたことは一度もなく、また一度もひもじい思いをしたことがないという、思い込みに基づいたものである。これらの事実からして、私は、子供時代にはつきもので、そして我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと性格に刻み込まれるであろう、本当の恐怖、失望、動揺、そして当惑をすべて忘れてしまうという傾向があるのだ。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム