英 文 和 訳 023

The very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country, and whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed. Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan. Not that it is something which annoys me, for I have understood that people are happy with these platitudes which save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity. (022 ~ 023 大学入試問題より引用)  

 

The very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country, and whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed. Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan.

grasp   把握, 理解(力)

appalled  あぜんとして

silly   ばかばかしい, ばかげた, 思慮[分別, 良識]のない

 

the very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country

►the very A 「まさにその A」 (very は、the / this / that / one's などに伴って、名詞を強調。)   You are the very man I've been looking for.  あなたは、まさに私の探し求めていた人だ。   The very thought of it is disgusting. それを思うだけでも気持ちが悪い。

have a grasp of A 「A を理解[把握]する」   have a grasp of English basic grammar英語の基礎的な文法を把握する   ►the Japanese は、Japanese people のこと。   ►outside A 「A を除いて,  A 以外に」   We should have some interests outside our job.  私たちは、仕事以外に関心事を持つべきである。  ►little grasp the Japanese have of anything outside their own country は、 The Japanese have little grasp of anything outside their own country. を元に、little grasp を先行詞として、名詞句にしたものと捉えることができる。 「自国以外のものに対する日本人の理解のなさ  ⇒  日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないこと」 (この anything は、little という否定語により、「何も(〜ない)」の意となる。)

☞「外国」という概念を用いているということこそが、日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないことを示している

 

whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed

►この anything は、肯定文のなかで用いられているので、「どんなものでも」の意。     ►the amount of ignorance displayed 「露呈される無知の量」 (過去分詞による後置修飾である。)

☞ 私は、ここで、新聞や雑誌で自分の国についてのどんなものでも、読むたびに、露呈される無知の量に唖然とするのだ

 

Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan.

►Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something ~ は、先行する文に、コンマを用いて、something 以下の名詞句つないだ構文。先行する文全体、あるいはその一部の意味を補ったり、言い換えたりする表現である。   We have had little rain this summer, the condition which may lead to a serious water shortage.  この夏は雨が少ない。それは、深刻な水不足を引き起こすかもしれない状況である。/  この状況は、深刻な水不足を引き起こすかもしれない。       ►something which ~ 「~であること,  ~すること」  something which has to do with someone's private life  人の私生活に関すること(have something to do with A 「A と関わりがある」)

☞ 英国についてのどのニュースも、いつも「紳士の国」という愚かなレッテルを用いている。それは、日本に対する「フジヤマ ゲイシャ」のイメージと同じくらい、私にとっては、ばかばかしいと思えることである。

 

試 訳 例

「外国」という概念を用いているということこそが、日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないことを示している。私は、ここで、新聞や雑誌で自分の国についてのどんなものでも、読むたびに、露呈される無知の量に唖然とするのだ。英国についてのどのニュースも、いつも「紳士の国」という愚かなレッテルを用いている。それは、日本に対する「フジヤマ ゲイシャ」のイメージと同じくらい、私にとっては、ばかばかしいと思えることである。

 

Not that it is something which annoys me, for I have understood that people are happy with these platitudes which save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity.

annoy   悩ます, 苦しめる, 困らせる, いらいらさせる

platitude   平凡な説, 決まり文句

vulgar   品のない, 粗野な, わいせつな, 俗な, 大衆的な, 通俗の, ありふれた

 

not that it is something which annoys me

►not that ~ 「だからと言って(that以下)というわけではない」(= it's not that ~)   I can’t accept the offer ―― not that I don’t like it. その申し出は受けられない。だからと言って、それが嫌いだというわけではないが。     

☞ だからといって、それが私をいらだたせるものだというわけでもない

 

save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity

►save A the trouble of doing 「A(人)が〜するという面倒を省く」 (V O Oの文型である。)   Using the internet saves[spares]you the trouble of going to the bank.  インターネットを使えば、銀行に行く手間が省ける。    ►have an interest in A 「A に興味[関心]がある,  A に利害関係を持つ」      ►things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity 「深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄」 (「A への好奇心」は、a curiosity in Aではなく、a curiosity about A であることから、a vulgar curiosity はin which につながらず、したがって、本来は、things which they have no deep interest in, but merely a vulgar curiosity aboutとすべきと思うのだが。)

☞ 深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄について考える煩わしさを人々から省く

 

試 訳 例

だからといって、それが私をいらだたせるものだというわけでもない。なぜなら、深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄について考える煩わしさを省いてくれるこれらの決まり文句があれば、人は満足なのだということは、理解しているからである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム