英 文 和 訳 022

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures. The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there. Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything. They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows. One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan. (023へ続く)

 

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures. The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there. Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything.

whatsoever   どんなものであれ, 何であれ, 少しの〜も

alienate   ~を遠ざける, ~を疎遠にする, ~を疎外する

 

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures.

►S is(that)S V は、「S は、that 以下である」の意。  The problem is that there is little time left.  問題は、残された時間はほとんどないということである。/  困ったことに、残された時間はほとんどない。     ►no ~ whatsoever は、 no を強調して、「少しの〜もない」の意。 I had no money whatsoever.  私はまったくの無一文だった。     ►people of different cultures 「異文化の人々,  文化を異にする人々」 この of は、「ある抽象的性質の所有」を示す。 This is a book of importance.  これは重要性を持つ本だ。 ⇒  これは重要な本だ。 

☞  大多数の人々は文化を異にする人々を理解することに少しも興味がないのだと、私自身は感じている。

 

The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there.

►people like the barrier to be there 「人は壁がそこに存在することを好む」 People like it that the barrier is there. を、不定詞を用いて名詞句に変えたものである。 (動詞の like は、that 節を直接に目的語とすることはできないので形式目的語 it を用いて、like it that と表される。)

☞ 言葉の壁が人々を遠ざけ、そして翻訳は言葉の壁を乗り越えられないのは、おそらく、人は壁が存在することを好むからだろう。

 

Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything.                                                                        

►think about A 「A について(じっくりと)考える」  I'm thinking about my future. 将来についてよく考えている。

☞ 人間は怠慢な生き物だ。ゆえに、大多数の人間は、何についてもじっくりと考えることを嫌がる。

 

試 訳 例

大多数の人々は文化を異にする人々を理解することに少しも興味がないのだと、私自身は感じている。言葉の壁が人々を遠ざけ、そして翻訳は言葉の壁を乗り越えられないのは、おそらく、人は壁が存在することを好むからだろう。人間は怠慢な生き物である。ゆえに、大多数の人間は、何についてもじっくりと考えることを嫌がるのだ。

 

They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows. One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan.

simple    取るに足りない, ささいな

prejudiced    偏見を持った, 偏見に満ちた, 不公平な

myth    神話, 作り話, 根拠のない社会通念, 俗説

 

They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows.                                                                                                                        

►be happy with A 「A に満足している,  A を喜んでいる」  She wasn't quite happy with her husband.  彼女は、夫に満足していたというわけではない。    ►They are happy with a few simple prejudices, a fact ~ は、先行する文に、コンマを用いて、名詞句をつないだ構文であり、先行する文全体、あるいはその一部の意味を補ったり、言い換えたりする表現である。 Do you know of Lhasa, the Land of Deities?  神の国、ラサを知っているか。  We have had little rain this summer, the condition which may lead to a serious water shortage.  この夏は雨が少ない。それは、深刻な水不足を引き起こすかもしれない状況である。/ この状況は、深刻な水不足を引き起こすかもしれない。     ►a fact perhaps even truer of the Japanese は、 a fact を perhaps even truer of the Japanese が後置修飾している。 「日本人に、より当てはまる事実」の意。(even 「(比較級を強調して)いっそう, さらに」    be true of A 「A に当てはまる」)      ►it is of the English は、it is true of the English の true を省略したもの。(it は、the fact を指すと思われる。)      ►it is of the English, who are prejudiced enough は、関係代名詞の非制限用法であり、who の先行詞は the English。  He has an older sister, who lives in Sendai.  彼には姉が一人いて、その人は仙台に住んでいる。   Her son lives in Tokyo, which is the capital of Japan.  彼女の息子は、日本の首都である東京に住んでいる。 (先行詞が固有名詞のときは必ず非制限用法が用いられる。)      ►God knows 「間違いない, 確実である」  God knows she’s had a hard life.  彼女が厳しい人生を送ってきたのは間違いない。 (cf.   God knows where he's gone.  彼がどこへ行ってしまったかは誰も知らない[神のみぞ知る]。)

☞ 人間は、多少のささいな偏見を持つことに納得している。このことは、たぶん英国人よりも日本人に当てはまる事実であるが、英国人は十分に偏見に満ちているということは間違いないのだ。

 

One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan.                                

►one of the great myths 「とんでもない俗説の一つ」 (great は、皮肉を込めて逆説的に用いられ、「どうしようもない, ひどい」などの意を表わすことがある。 That’s just great.  もう最悪だ。)

☞ この国にあるとんでもない俗説の一つであるが、日本人は外国人を理解できるが、外国人は日本のことが理解できないということである。

 

試 訳 例

人間は、多少のささいな偏見を持つことに納得している。このことは、たぶん英国人よりも日本人に当てはまる事実であるが、英国人は十分に偏見に満ちているということは間違いないのだ。この国にあるとんでもない俗説の一つであるが、日本人は外国人を理解できるが、外国人は日本のことが理解できないということである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム