英 文 和 訳 019

A certain number of people are always upset by hearing such stories. Soon after this meeting, I got a pleasant but agitated letter from an intelligent and highly trained psychologist who had heard my talk. How, she demanded, could children possibly learn unless we corrected all their mistakes? Wasn't that our responsibility, our duty? I wrote a long reply, repeating my point and telling still more stories about children correcting their own mistakes. But she seems to be as far from understanding me as ever. It is almost as if she cannot hear what I am saying. This is natural enough. Anyone who makes it his life work to help other people may come to believe that they cannot get along without him, and may not want to hear evidence that they can, all too often, stand on their own feet. Many people seem to have built their lives around the notion that they are in some way indispensable to children, and to question this is to attack the very center of their being. Still, even at the risk of upsetting these good people, we must question their assumption, because it is largely not true.  (大学入試問題より引用)

 

A certain number of people are always upset by hearing such stories. Soon after this meeting, I got a pleasant but agitated letter from an intelligent and highly trained psychologist who had heard my talk. How, she demanded, could children possibly learn unless we corrected all their mistakes? Wasn't that our responsibility, our duty?

pleasant:  心地よい, 気持ちがよい

agitated:  動揺した, 興奮した

 

A certain number of people are always upset by hearing such stories.                                                                                               

►a certain number of A 「いくらかの A, 一定の A」  need a certain number of calories per day  一日当たり一定のカロリーを必要とする

☞ こんな話を聞くと、一定の人は、いつも腹を立てるものである。

   

How, she demanded, could children possibly learn unless we corrected all their mistakes?

►本来なら、主節に対し、疑問詞以下の従属節は、平叙文と同じ語順で疑問符を用いない間接疑問の形をとるはずである。(例えば、 I wonder how he made this. 彼はどうやってこれを作ったのだろう。) にもかかわらず、ここでは、主節の she demanded に対し、従属節の how 以下は、通常の疑問文の形がとられている。不規則な用法に思えるが、demand は、話法においては、「〜と強く尋ねる」の意で、伝達動詞として機能することから、この用法を she demanded を伝達部とする混合話法と捉えることができる。(混合話法は、話法の原則に沿わず、直接話法と間接話法が入り交じった形態である。引用符を伴わない場合が多い。 I wondered how did the accident happen?  事故はどのようにして起きたのだろうか。)       possibly は、「(当惑・驚きなどを強調して)~だろうか」の意。  

☞ 彼女は、我々が子供達のあらゆる誤りを正さなければ、いったい子供達はどうやって学ぶことができるのかと、強く説明を求めたのである。

 

Wasn't that our responsibility, our duty?                                 

►描出話法である。 直接話法に変えれば、 She demanded "Isn’t this our responsibility, our duty?” となる。(描出話法は、「He said」のような伝達部のない、または不明瞭な、直接話法と間接話法の中間的な形態である。時制の一致や代名詞の用い方は間接話法と同じであるが、語順は直接話法と同じになる。小説などの中でよく用いられる。  There was a knock on her door then. Who could it be? そのときドアをノックする音がした。誰かしら(と彼女は思った)。(直接話法を用いれば、 “Who could it be?” she wondered.   間接話法なら、She wondered who it could be.) 

☞ それは私たちの責任であり義務ではないのかと、彼女は迫ったのである。

 

試 訳 例

こんな話を聞くと、一定の人は、いつも腹を立てるものである。この講演のすぐ後で、好感が持てるものの興奮ぎみの手紙をもらった。それは、私の話を聞いた、知的で、高度に教育を受けた心理学者からのものである。彼女は、我々が子供達のあらゆる誤りを正さなければ、いったい子供達はどうやって学ぶことができるのかと、強く説明を求めたのである。それは私たちの責任であり義務ではないのかと、彼女は迫ったのである。

 

I wrote a long reply, repeating my point and telling still more stories about children correcting their own mistakes. But she seems to be as far from understanding me as ever. It is almost as if she cannot hear what I am saying. This is natural enough.

 

I wrote a long reply, repeating my point and telling still more stories about children correcting their own mistakes.                              

►I wrote a long reply, repeating my point and telling …… は、付帯状況の分詞構文であり、主節との連続動作を表している。  My train left at eight, arriving in Tokyo at ten.  私の乗った列車は8時に出発して、10時に東京に到着した。 

☞ 私は、長い返事を書いて、自分の主張を繰り返し、自分自身の誤りを正す子供の話をさらに語った。

 

But she seems to be as far from understanding me as ever.                               

►seem to be ~ 「~らしい, ~のようだ, ~のように見える」 She seems to be single. 彼女は独身らしい。   She seems (to be) sick. 彼女は病気らしい[のようだ]。(to be が省略されるのは、その後に、程度の大小が感じられる形容詞や名詞が続く場合とされる。)      ►far from ~ 「少しも~でない, 決して~ない 」   He's far from happy.  彼は、少しも幸福ではない。   She is far from telling a lie.  彼女は決して嘘をつかない。   ►as ~ as ever 「相変わらず~, 依然として~」  She is as busy as ever.  彼女は相変わらず忙しい。

☞ しかし、彼女は、依然として私の話を少しも理解していないように思える。

 

It is almost as if she cannot hear what I am saying.

►as if[though]~ 「まるで~であるかのように, ~するかのように, ~のように」  It looks as if it is going to rain. 今にも雨が降りそうだ。(直説法)   He looks as if he were ill.  彼は、まるで病気であるかのように見える。(仮定法)       

☞ まるで、彼女は、私の話していることが聞こえないかのようである。

            

試 訳 例

私は、長い返事を書いて、自分の主張を繰り返し、自分自身の誤りを正す子供の話をさらに語った。しかし、彼女は、依然として私の話を少しも理解していないように思える。まるで、彼女は、私の話していることが聞こえないかのようである。これは、ごく当然のことである。

 

Anyone who makes it his life work to help other people may come to believe that they cannot get along without him, and may not want to hear evidence that they can, all too often, stand on their own feet.

                                       

makes it his life work to help other people

►it は形式目的語(仮目的語)で、to help other peopleが真の目的語。つまり、makes it[= to help other people]his life work であり、「make 名詞 名詞」(make O C)の構文である。  She makes it a rule to take a walk every morning. 彼女は毎朝散歩するのを習慣にしている。 

☞ ほかの人を助けることを生涯の仕事にする

 

come to believe that they cannot get along without him

►come to do 「~するようになる」 (do は、通例、know / understand / believe / love などの認識、精神状態、態度を表わす状態動詞。)   I came to understand how valuable cultural diversity was. 私は文化の多様性がどれだけ価値があるのかを理解するようになった。  ►get along 「(生活を)何とかやっていく,(仕事が)うまくいく,(人と)うまくやっていく」  I can't get along without your support.  あなたのサポートがないとやっていけない。  

☞ 自分がいなければ、彼らは、うまくやってはいけないと思うようになる

 

may not want to hear evidence that they can, all too often, stand on their own feet

►evidence は、ここでは、「事実」の意。  ►all too often 「たいていは, 往々にして」

►stand on one's own feet 「自立する, 独立する, 自立心を持つ」    She stands on her own feet economically.  彼女は、経済的に自立している。

☞ たいていの場合、人に頼らずやっていけるという事実を耳にしたくはないだろう

 

試 訳 例

ほかの人を助けることを生涯の仕事にしている者なら誰でも、自分がいなければ、彼らは、うまくやってはいけないと思うようになるため、彼らは、たいていの場合、人に頼らずやっていけるという事実を耳にしたくはないだろう。

 

➍ Many people seem to have built their lives around the notion that they are in some way indispensable to children, and to question this is to attack the very center of their being.                                                      

notion:  考え, 意見, 見解, 概念, 観念

question:  ~を疑問に思う, ~を問題にする, ~に異議を唱える

being:  存在, 実在, 人生, 生命, 本質

 

many people seem to have built their lives around the notion that they are in some way indispensable to children

►many people seem to have built their lives における to have built は、完了形不定詞である。文脈から現在完了の継続用法と思われる。 (完了形不定詞は、述語動詞の時制より一つ前の時制を表す場合と、現在完了や過去完了(完了・継続・経験用法)を表す場合がある。 She seems to have been ill. は、述語動詞の時制より一つ前の時制を表していると捉えると、It seems that he was ill. 「彼は病気だったようだ」の意であり、また、現在完了を表すものと捉えると、It seems that she has been ill.「彼女は病気であるようだ」の意となる。)     ►around A 「A を中心にして,  A の周りに,  A を取り巻いて」      ►in some way は、ここでは、「ある意味で, どうやら」の意と思われる。     ►be indispensable to A 「A になくてはならない」

☞ 多くの人たちは、自分は、ある意味、子供にとってはなくてはならないものだという考え方を中心に、自分の人生を築き上げてきたように思われる。

 

and to question this is to attack the very center of their being  

►to question this[= the notion]と to attack the very center of their beingは、共に不定詞が導く名詞句である。この名詞句は、単数扱い。 

►and は、ここでは、「(当然の帰結, 成り行きを示して)したがって, そこで, だから」の意。 I missed the last bus and had to walk home.  最終バスに乗り遅れたので、家まで歩かなければならなかった。

☞ この考えに異議を唱えることは、彼らの存在のまさに核心を攻撃することである

 

試 訳 例

ほかの人を助けることを生涯の仕事にしている者なら誰でも、自分がいなければ、彼らは、うまくやってはいけないと思うようになるため、彼らは、たいていの場合、人に頼らずやっていけるという事実を耳にしたくはないだろう。多くの人たちは、自分は、ある意味、子供にとってはなくてはならないものだという考え方を中心に、自分の人生を築き上げてきたように思われる。したがって、この考えに異議を唱えることは、彼らの存在のまさに核心を攻撃することなのである。

 

  Still, even at the risk of upsetting these good people, we must question their assumption, because it is largely not true.  

still: (しばしば接続詞的に用いて)それにもかかわらず, なおかつ, それでも, やはり

upset:  ~を動揺させる[苦しめる, 困らせる, 怒らせる]

assumption:  仮定, 前提, 想定, 憶測, 思い込み

largely:  大部分は, 大いに, 一般に, 主として, おおむね

 

still, even at the risk of upsetting these good people

►at the risk of A 「A の危険を冒して,  A を犠牲にして,  A は承知のうえで」 at the risk of one's life 命がけで

☞ それでも、この善良な人々を苦しめてしまうということを承知のうえであっても

 

試 訳 例

それでも、この善良な人々を苦しめてしまうということを承知のうえで、私たちは、彼らの思い込みに異議を唱えなくてはならないのである。なぜなら、その思い込みは、ほとんど間違っているからである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム