英 文 和 訳 002

We found schools with just a few seals in attendance, not feeding so much as playing with the shoal ―― treating it as a living beach ball. Watching sardines part and re-form around a seal is like watching some superorganism reshaping itself with effortless mathematical precision. (National Geographicより引用)

 

We found schools with just a few seals in attendance, not feeding so much as playing with the shoal ―― treating it as a living beach ball.

school: (魚などの)群れ

seal:  アザラシ, 標章, 印鑑, 印, シール

attendance:   付添い, 出席

feed:  えさにする, 食物[えさ]を与える, 養う

shoal: (魚の)群れ

 

with just a few seals in attendance 

►付帯状況を表わす分詞構文であり、a few seals の後に being が省略されていると考えられる。She stood up with her bag in her hand. 彼女はバッグを手にして立ち上がった。      ►in attendance は、「付き添って, 随行して」の意。 She is in attendance on him. 彼女は彼に付き添っている。

☞  ほんの数匹のアザラシが寄りついて 

 

not feeding so much as playing with the shoal  

►not A so much as B の構文である。 not A so much as B = not so much A as B( Aというよりは、むしろB)  She is not so much a singer as an actress. 彼女は歌手というよりむしろ女優だ。

☞  魚を餌にしているというよりは、むしろ魚の群れと戯れている 

 

playing with the shoal ―― treating it as a living beach ball 

ダッシュ(――)は、直前の文章や語句に補足説明したり、直前の文章や語句を具体的に言い換えたりする場合に用いられる。

☞  魚の群れと戯れている、つまり、魚の群れを生きたビーチボールのように扱っている 

 

試 訳 例                                                                                                                                

私たちは、魚の集団と、そこに寄りついているほんの数匹のアザラシに出会った。そのアザラシは、魚を餌にしているというよりは、むしろ魚の群れと戯れている、つまり、魚の群れを生きたビーチボールのように扱っているようだった。

 

Watching sardines part and re-form around a seal is like watching some superorganism reshaping itself with effortless mathematical precision.

sardineイワシ

superorganism:  超個体(多数の個体が、まるで一つの個体であるかのように行動する生物の集団のこと。)

part:  ばらばらになる, 割れる, 裂ける,(群衆などが)分かれる

reshape:  形を作り直す, 別の形に作り変える, 新しい形にする

effortless:  努力を要しない, 楽な, 苦もなくやってのける

mathematical:  数学の

precision:  正確, 精密 (with precision 正確に)

 

watching sardines part and re-form 

►watching sardines part and re-form は、動名詞句が文全体の主語となっている。動名詞句だけでなく、不定詞句も主語となるが、動名詞句は、すでに行ったこと、行っている最中のことや習慣的に行っていることを、不定詞句は、これから行うことや行うかもしれないことを示す傾向がある。文の主語としては、不定詞句よりも名詞的性質の強い動名詞句の方が好まれるとのこと。

watch は知覚動詞であるため、目的語の後の補語には、to part and (to) re-form ではなく、part and re-form という原形不定詞が用いられている。主語+知覚動詞+目的語+補語 という知覚動詞の構文では、補語として、原形不定詞のほかに、現在分詞や過去分詞も用いられる。I saw her play tennis. 私は、彼女がテニスをするのを見た。(動作を最初から最後まで見るというニュアンス。) I saw her playing tennis. 私は、彼女がテニスをしているのを見た。(動作の途中を見るというニュアンス。動作が繰り返し行われていることを示すこともある。)  I heard her name called. 私は、彼女の名前が呼ばれるのを聞いた。

☞  イワシの群れが分れては元の形に戻るのを観察すること  

 

be like watching some superorganism reshaping itself

►この like は、前置詞である。 It was like watching a slow motion video. それはまるでスローモーションビデオを見ているようだった。

☞  自らを再形成している何らかの超個体を見ているようである

 

with effortless mathematical precision 

►with+形容詞+抽象名詞 は、副詞句として様態を表わす。 with effortless ease  らくらくと   with great ease  非常にたやすく   with a big smile  満面の笑みを浮かべて,  にっこりとほほ笑みながら

☞ 数学的な正確さで楽々と

 

試 訳 例                                                                                                                                

アザラシの周りでイワシの群れが分れては元の形に戻るという様子を観察していると、何らかの超個体がまるで数学的な正確さで楽々と自らを再形成しているように見える。

                 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。  メールフォーム