英 文 和 訳 024

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory. I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages. But often I have remembered these very occasions myself and have been able accurately to recall the extreme misery, awkwardness or humiliation of the very people who later claimed to have been just then so happy. And I myself tend to create a mythical childhood in my own memory. It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry. And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.  (024 大学入試問題より引用)

 

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory. I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages.

conveniently     便利よく, 好都合に, 好都合なことに

sincerely     心から

agreeable     好ましい

theory     見解, 持論, 理論, 仮説

 

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory.                                                                       

►as the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives の did は、代動詞であり、imagined を表すと思われる。    ►fit in with A 「A と調和する,  A に適合する」   I'll fit in with your schedule. あなたの都合に合わせます。

☞ 昔の詩人が過去のことについて描いたように、我々は、自分自身の人生のなかに黄金時代を思い描きたがるものである。そして、この好ましい見解と相いれない事実は都合よく忘れてしまうのだ。

 

I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages.                                                                                                           

►quite sincerely 「本当に心から,  大まじめに」     ►describe to A B 「A(人)に B について説明する」(= describe B to A)   I will describe my new job to you. あなたに新しい仕事のことを話そう。

☞ 私は、他人の場合のこうしたことをずっと見てきた。彼らは、ある出来事やある年齢において、自分がとても幸福だったことを、本当に心から私に語ったものだ。

 

試 訳 例

昔の詩人が、過去のことについて描いたように、我々は、自分自身の人生のなかに黄金時代を思い描きたがるものである。そして、この好ましい見解と相いれない事実は都合よく忘れてしまうのだ。私は、他人の場合のこうしたことをずっと見てきた。彼らは、ある出来事やある年齢において、自分がとても幸福だったことを、本当に心から私に語ったものだ。

 

But often I have remembered these very occasions myself and have been able accurately to recall the extreme misery, awkwardness or humiliation of the very people who later claimed to have been just then so happy. And I myself tend to create a mythical childhood in my own memory.

awkwardness     不器用さ, ぎこちなさ, 気まずさ

humiliation      屈辱, 恥

 

I have remembered these very occasions myself

►この very は、this / that / the / one's などに伴って、「まさにその,  まったくの,  〜だけでも,  ~そのもの,  ほかならぬ~」の意。  that very person ほかならぬその人    ►この myself は、強意として用いて、「私自身,  私自ら」の意。 I myself went there.[= I went there myself.]私が自らそこへ行った。

☞ 私自身が、まさにそれらの出来事を覚えている         

 

the very people who later claimed to have been just then so happy

►to have been just then so happy は、「ちょうどその頃はとても幸せだったということ」の意。 このように不定詞によって述語動詞の時制よりも前のことを表す場合は、「to have+動詞の過去分詞」という完了形不定詞を用いる。  The man is said to have been rich. その男は金持ちだったと言われている。       ►just then 「ちょうどその時, ちょうどその頃」  

☞ ちょうどその頃はとても幸せだったと、後になって言い張るその人

 

試 訳 例

しかし、たいてい、私自身は、まさにそれらの出来事を覚えていて、ちょうどその頃はとても幸せだったと、後になって言い張るその人は、(実のところ、)極めて悲惨で、見苦しく、屈辱的であったということを、正確に思い出すことができるのだ。そして、私自身も、自分の記憶の中で、架空の幼少時代を作り出すようなところがあるのだ。

 

It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry. And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.

mythical      架空の, 根拠のない, 想像的な, 神話(時代)の, 神話的な, 神話[伝説]上の

deliberate      意図的な, 故意の, 慎重な,思慮深い, 熟考する, 思案する, 検討する

cruelty      残酷さ, 無慈悲さ, 冷酷さ, じゃけん, 残虐性, 残虐な行為 

agitation      動揺, 興奮, 扇動,(人の心を)かき立てること

perplexity      当惑

impress      感銘を与える, 印象づける, 感動させる

thrust      強く押す,(ぐいと)押し付ける, 押しやる, 押し出す, 突き出す, 突き刺す

 

It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry.                                          

►it is based on the facts that … この it は、 the mythical childhood を指す。  3つある that は、すべて the facts と同格を表わす。   ►the facts は、「本当のこととして語られること,  真実であると言われること,  起こったと思われること,(人の言う)事実,  申し立て」の意であるが、 ここでは、文脈からして、実際のことではなく、記憶が変容してできた「事実」のことと考えられる。よって、「思い込み」と解釈した。     ►be comfortably off 「楽に暮らしている, ゆとりのある暮らしをしている, 食うに困らない, 暮らしが楽である」(= be well off)  ►be subject to A 「A の対象になる,  A にさらされている」   be subject to ridicule  笑いものにされる      be subject to criticism  批判にさらされている         ►as other boys often are は、are の後に subject が省略されたものである。     ►deliberate cruelty は、直訳すれば、「意図的残虐行為」と言ったところだが、ここは、「特に厳しいしつけ」と解釈した。

☞ その架空の子供時代は、自分の両親が、ゆとりのある生き方をしており、自分に優しく、よく他の子供が受けるような、特に厳しいしつけを受けたことは一度もなく、また一度もひもじい思いをしたことがないという、思い込みに基づいたものである。

 

And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.

►with A in mind 「A を考慮して,  A を念頭に置いて,  A を踏まえた上で」 The public garden is created with children in mind. その公園は、子供に配慮してつくられた。  ►tend to do 「~しがちである,  ~する傾向がある」   He tends to be overly optimistic.  彼はあまりにも楽天的になりがちだ。  ►incidental to A 「A にありがちな,  A におこりがちな,  A につきものの,  A に付帯する」   the hesitation incidental to the use of a foreign language  外国語を用いる際にありがちな気後れ      confusion incidental to a quick change  急激な変化に付随する混乱  

☞ これらの事実からして、私は、子供時代にはありがちなことだが、そして我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと性格に刻み込まれるであろう、本当の恐怖、失望、動揺、そして当惑をすべて忘れてしまうという傾向があるのだ。

 

may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness

►may well do 「たぶん~だろう,  ~するのはもっともだ」  You may well be right. たぶん君は正しいだろう。 He may well say so. 彼がそう言うのももっともだ。  ►A impress oneself on B 「A(物・事)が B(人・心・記憶)に刻みつく」    The way he died impressed itself on[in]my memory. 彼の死にざまが、私の脳裏に焼き付いた。   Her words impressed themselves on me. 彼女の言葉は、私の記憶に刻み込まれた。     ►all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness 「我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと人格の中に焼きつくだろう」 ここは、「all the 比較級 〜 the 比較級 …」という構文であり、「…すればするほど,  それだけいっそう〜」と訳し上げる。

☞ これらの事実からして、私は、子供時代にはありがちなことだが、そして我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと性格に刻み込まれるであろう、本当の恐怖、失望、動揺、そして当惑をすべて忘れてしまうという傾向があるのだ。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 023

The very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country, and whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed. Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan. Not that it is something which annoys me, for I have understood that people are happy with these platitudes which save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity. (022 ~ 023 大学入試問題より引用)  

 

The very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country, and whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed. Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan.

grasp   把握, 理解(力)

appalled  あぜんとして

silly   ばかばかしい, ばかげた, 思慮[分別, 良識]のない

 

the very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country

►the very A 「まさにその A」 (very は、the / this / that / one's などに伴って、名詞を強調。)   You are the very man I've been looking for.  あなたは、まさに私の探し求めていた人だ。   The very thought of it is disgusting. それを思うだけでも気持ちが悪い。

have a grasp of A 「A を理解[把握]する」   have a grasp of English basic grammar英語の基礎的な文法を把握する   ►the Japanese は、Japanese people のこと。   ►outside A 「A を除いて,  A 以外に」   We should have some interests outside our job.  私たちは、仕事以外に関心事を持つべきである。  ►little grasp the Japanese have of anything outside their own country は、 The Japanese have little grasp of anything outside their own country. を元に、little grasp を先行詞として、名詞句にしたものと捉えることができる。 「自国以外のものに対する日本人の理解のなさ  ⇒  日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないこと」 (この anything は、little という否定語により、「何も(〜ない)」の意となる。)

☞「外国」という概念を用いているということこそが、日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないことを示している

 

whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed

►この anything は、肯定文のなかで用いられているので、「どんなものでも」の意。     ►the amount of ignorance displayed 「露呈される無知の量」 (過去分詞による後置修飾である。)

☞ 私は、ここで、新聞や雑誌で自分の国についてのどんなものでも、読むたびに、露呈される無知の量に唖然とするのだ

 

Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan.

►Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something ~ は、先行する文に、コンマを用いて、something 以下の名詞句つないだ構文。先行する文全体、あるいはその一部の意味を補ったり、言い換えたりする表現である。   We have had little rain this summer, the condition which may lead to a serious water shortage.  この夏は雨が少ない。それは、深刻な水不足を引き起こすかもしれない状況である。/  この状況は、深刻な水不足を引き起こすかもしれない。       ►something which ~ 「~であること,  ~すること」  something which has to do with someone's private life  人の私生活に関すること(have something to do with A 「A と関わりがある」)

☞ 英国についてのどのニュースも、いつも「紳士の国」という愚かなレッテルを用いている。それは、日本に対する「フジヤマ ゲイシャ」のイメージと同じくらい、私にとっては、ばかばかしいと思えることである。

 

試 訳 例

「外国」という概念を用いているということこそが、日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないことを示している。私は、ここで、新聞や雑誌で自分の国についてのどんなものでも、読むたびに、露呈される無知の量に唖然とするのだ。英国についてのどのニュースも、いつも「紳士の国」という愚かなレッテルを用いている。それは、日本に対する「フジヤマ ゲイシャ」のイメージと同じくらい、私にとっては、ばかばかしいと思えることである。

 

Not that it is something which annoys me, for I have understood that people are happy with these platitudes which save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity.

annoy   悩ます, 苦しめる, 困らせる, いらいらさせる

platitude   平凡な説, 決まり文句

vulgar   品のない, 粗野な, わいせつな, 俗な, 大衆的な, 通俗の, ありふれた

 

not that it is something which annoys me

►not that ~ 「だからと言って(that以下)というわけではない」(= it's not that ~)   I can’t accept the offer ―― not that I don’t like it. その申し出は受けられない。だからと言って、それが嫌いだというわけではないが。     

☞ だからといって、それが私をいらだたせるものだというわけでもない

 

save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity

►save A the trouble of doing 「A(人)が〜するという面倒を省く」 (V O Oの文型である。)   Using the internet saves[spares]you the trouble of going to the bank.  インターネットを使えば、銀行に行く手間が省ける。    ►have an interest in A 「A に興味[関心]がある,  A に利害関係を持つ」      ►things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity 「深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄」 (「A への好奇心」は、a curiosity in Aではなく、a curiosity about A であることから、a vulgar curiosity はin which につながらず、したがって、本来は、things which they have no deep interest in, but merely a vulgar curiosity aboutとすべきと思うのだが。)

☞ 深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄について考える煩わしさを人々から省く

 

試 訳 例

だからといって、それが私をいらだたせるものだというわけでもない。なぜなら、深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄について考える煩わしさを省いてくれるこれらの決まり文句があれば、人は満足なのだということは、理解しているからである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 022

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures. The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there. Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything. They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows. One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan. (023へ続く)

 

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures. The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there. Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything.

whatsoever   どんなものであれ, 何であれ, 少しの〜も

alienate   ~を遠ざける, ~を疎遠にする, ~を疎外する

 

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures.

►S is(that)S V は、「S は、that 以下である」の意。  The problem is that there is little time left.  問題は、残された時間はほとんどないということである。/  困ったことに、残された時間はほとんどない。     ►no ~ whatsoever は、 no を強調して、「少しの〜もない」の意。 I had no money whatsoever.  私はまったくの無一文だった。     ►people of different cultures 「異文化の人々,  文化を異にする人々」 この of は、「ある抽象的性質の所有」を示す。 This is a book of importance.  これは重要性を持つ本だ。 ⇒  これは重要な本だ。 

☞  大多数の人々は文化を異にする人々を理解することに少しも興味がないのだと、私自身は感じている。

 

The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there.

►people like the barrier to be there 「人は壁がそこに存在することを好む」 People like it that the barrier is there. を、不定詞を用いて名詞句に変えたものである。 (動詞の like は、that 節を直接に目的語とすることはできないので形式目的語 it を用いて、like it that と表される。)

☞ 言葉の壁が人々を遠ざけ、そして翻訳は言葉の壁を乗り越えられないのは、おそらく、人は壁が存在することを好むからだろう。

 

Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything.                                                                        

►think about A 「A について(じっくりと)考える」  I'm thinking about my future. 将来についてよく考えている。

☞ 人間は怠慢な生き物だ。ゆえに、大多数の人間は、何についてもじっくりと考えることを嫌がる。

 

試 訳 例

大多数の人々は文化を異にする人々を理解することに少しも興味がないのだと、私自身は感じている。言葉の壁が人々を遠ざけ、そして翻訳は言葉の壁を乗り越えられないのは、おそらく、人は壁が存在することを好むからだろう。人間は怠慢な生き物である。ゆえに、大多数の人間は、何についてもじっくりと考えることを嫌がるのだ。

 

They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows. One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan.

simple    取るに足りない, ささいな

prejudiced    偏見を持った, 偏見に満ちた, 不公平な

myth    神話, 作り話, 根拠のない社会通念, 俗説

 

They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows.                                                                                                                        

►be happy with A 「A に満足している,  A を喜んでいる」  She wasn't quite happy with her husband.  彼女は、夫に満足していたというわけではない。    ►They are happy with a few simple prejudices, a fact ~ は、先行する文に、コンマを用いて、名詞句をつないだ構文であり、先行する文全体、あるいはその一部の意味を補ったり、言い換えたりする表現である。 Do you know of Lhasa, the Land of Deities?  神の国、ラサを知っているか。  We have had little rain this summer, the condition which may lead to a serious water shortage.  この夏は雨が少ない。それは、深刻な水不足を引き起こすかもしれない状況である。/ この状況は、深刻な水不足を引き起こすかもしれない。     ►a fact perhaps even truer of the Japanese は、 a fact を perhaps even truer of the Japanese が後置修飾している。 「日本人に、より当てはまる事実」の意。(even 「(比較級を強調して)いっそう, さらに」    be true of A 「A に当てはまる」)      ►it is of the English は、it is true of the English の true を省略したもの。(it は、the fact を指すと思われる。)      ►it is of the English, who are prejudiced enough は、関係代名詞の非制限用法であり、who の先行詞は the English。  He has an older sister, who lives in Sendai.  彼には姉が一人いて、その人は仙台に住んでいる。   Her son lives in Tokyo, which is the capital of Japan.  彼女の息子は、日本の首都である東京に住んでいる。 (先行詞が固有名詞のときは必ず非制限用法が用いられる。)      ►God knows 「間違いない, 確実である」  God knows she’s had a hard life.  彼女が厳しい人生を送ってきたのは間違いない。 (cf.   God knows where he's gone.  彼がどこへ行ってしまったかは誰も知らない[神のみぞ知る]。)

☞ 人間は、多少のささいな偏見を持つことに納得している。このことは、たぶん英国人よりも日本人に当てはまる事実であるが、英国人は十分に偏見に満ちているということは間違いないのだ。

 

One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan.                                

►one of the great myths 「とんでもない俗説の一つ」 (great は、皮肉を込めて逆説的に用いられ、「どうしようもない, ひどい」などの意を表わすことがある。 That’s just great.  もう最悪だ。)

☞ この国にあるとんでもない俗説の一つであるが、日本人は外国人を理解できるが、外国人は日本のことが理解できないということである。

 

試 訳 例

人間は、多少のささいな偏見を持つことに納得している。このことは、たぶん英国人よりも日本人に当てはまる事実であるが、英国人は十分に偏見に満ちているということは間違いないのだ。この国にあるとんでもない俗説の一つであるが、日本人は外国人を理解できるが、外国人は日本のことが理解できないということである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 021

It’s not entirely clear why these disparities exist, or why ADHD diagnoses are on the rise overall. But the study suggests that heightened awareness of the condition and changing diagnostic criteria may partially explain the higher numbers. Better access to care and weakening stigmas around mental health care, particularly among minority populations, may have also led to more diagnoses, the authors write. (TIMEより引用)

 

It’s not entirely clear why these disparities exist, or why ADHD diagnoses are on the rise overall. But the study suggests that heightened awareness of the condition and changing diagnostic criteria may partially explain the higher numbers.

disparity   相違, 不一致, 不等

diagnoses   診断 (diagnosis の複数形)

partially   部分的に, 不十分に, ある程度

ADHD   注意欠陥多動性障害 (attention-deficit hyperactivity disorder)

heightened   高められた, 増大した (形容詞)

condition   健康状態

diagnostic   診断の

criteria   基準 (criterion の複数形)

 

why ADHD diagnoses are on the rise overall

►be on the rise 「上昇傾向にある」  

☞ なぜ ADHD と診断されるケースが全般的に増加傾向にあるのかということ

 

試 訳 例

なぜこれらの相違が存在するのか、なぜ ADHD と診断されるケースが全般的に増加傾向にあるのかは、完全には明らかではない。しかし、その研究論文は、健康状態に関する意識が高まりや診断基準の変更が、数値の上昇を、ある程度は説明できるであろうということを示している。

 

Better access to care and weakening stigmas around mental health care, particularly among minority populations, may have also led to more diagnoses, the authors write.

stigma   汚名, 恥辱, (社会的な)烙印

author   著者

 

better access to care and weakening stigmas around mental health care, particularly among minority populations

►better access to care 「ケアを受ける機会の向上」     ►around mental health care 「精神的健康のケアを取り巻く」       ►minority population 「少数民族, 少数集団」      ►mental health care 「精神的健康のケア」

☞ 特にマイノリティーの間で、ケアを受ける機会が向上すること、そして精神的健康のケアを取り巻くスティグマが低減されること

 

may have also led to more diagnoses

►may[might]have+過去分詞 は、過去の推量を表し、「~したかもしれない」の意。 He may have forgotten to lock the door. 彼はドアに鍵をかけるのを忘れたのかもしれない。     ►lead to A 「A という結果につながる,  A という結果をもたらす」  Excessive dietary restrictions will lead to poor health. 過度な食事制限は不健康をもたらす。

☞ さらに、多くの ADHD という診断結果がもたらされたかも知れない

 

試 訳 例

特にマイノリティーの間で、ケアを受ける機会が向上し、精神的健康のケアを取り巻くスティグマが低減されれば、さらに、多くの ADHD という診断結果がもたらされたかも知れないと著者たちは書いている。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 020

Man's love of "a quiet life" and his resistance to anything that threatens his mental harmony account for his dislike of change. He is a creature of habit whose ways of thinking are thrust upon him. He is taught from infancy to accept the prevailing ideas of his age, the traditions of his class, the customs of his country, and the opinions of his family. In later life, he looks back on the world in which he grew up as the best of all possible worlds, and describes his youth with discriminating forgetfulness as the "good old days." (大学入試問題より引用)

 

Man's love of "a quiet life" and his resistance to anything that threatens his mental harmony account for his dislike of change.                                              

resistance:   抵抗,反抗,反対

 

man's love of "a quiet life" and his resistance to anything that threatens his mental harmony

►man's love of "a quiet life" は、「人が、「静かな生活」を愛するということ」の意。この of は「目的格の of」である。 the Japanese love of nature 日本人の自然に対する愛  ⇒  日本人が自然を愛すること      ►his resistance to anything that threatens his mental harmony 「精神的調和を脅かすどんなものに対しても抵抗すること」

☞ 人が、「静かな生活」を愛するということ、そして精神的調和を脅かすどんなものに対しても抵抗すること  

 

account for his dislike of change

►A account for B 「A が B の理由を説明する[B は A によって説明される], A が原因で B になる」   His reckless driving accounted for the accident.  彼の無茶な運転が事故の原因となった。

☞(人が、「静かな生活」を愛するということ、そして精神的調和を脅かすどんなものに対しても抵抗すること)が原因で、人は変化を嫌う

 

試 訳 例

人というものは、「静かな生活」を愛し、精神的調和を脅かすどんなものに対しても抵抗するが、それは、変化を好まないからである。

 

He is a creature of habit whose ways of thinking are thrust upon him. He is taught from infancy to accept the prevailing ideas of his age, the traditions of his class, the customs of his country, and the opinions of his family.                                   

prevailing:   広く行き渡った, 一般の, 流行の

 

He is a creature of habit whose ways of thinking are thrust upon him.

creature of habit 「習慣に縛られた人, 習慣から抜け出せない人」 They are all mere creatures of habit. 彼らはみな単なる習慣の奴隷だ。     ►way of thinking 「思考様式[方法], 考え方」     ►thrust A upon B 「A を B に押しつける」  That marriage was thrust upon her against her will. あの結婚は彼女の意に反して押しつけられたものだ。

人は習慣に縛られた生き物で、その思考様式は押しつけられたものなのである。

 

He is taught from infancy to accept the prevailing ideas of his age, the traditions of his class, the customs of his country, and the opinions of his family.        

►the prevailing ideas of his age 「自分が生きている時代の一般的な考え方」   ►the traditions of his class 「自分が属する社会階級の伝統」

人は、幼いころから、自分が生きている時代の一般的な思想、自分が属する社会階級の伝統、自分が住んでいる国の慣習、そして自分の家族の意見を受け入れるように教えられる。

 

試 訳 例

人は習慣に縛られた生き物で、その思考様式は押しつけられたものなのである。人は、幼いころから、自分が生きている時代の一般的な思想、自分が属する社会階級の伝統、自分が住んでいる国の慣習、そして自分の家族の意見を受け入れるように教えられる。

 

In later life, he looks back on the world in which he grew up as the best of all possible worlds, and describes his youth with discriminating forgetfulness as the "good old days."

discriminating:   区別できる, 識別力のある, 差別的な

 

in later life, he looks back on the world in which he grew up as the best of all possible worlds

►later life 「晩年,  その後の人生」  ►look back on A 「A を振り返ってみる」  We look back on those years as the best in our life. 振り返ってみるとあの何年間かは人生最高の時期だったと思う。

☞ 晩年になって、人は、振り返ってみて、自分が育った世界を、この上なくすばらしいところだったと思う

 

describes his youth with discriminating forgetfulness as the "good old days"

►with+抽象名詞 は、副詞の働きをする。(with ease = easily ,    with anger = angrily)  ►discriminating forgetfulness は、直訳すれば、「選別的忘却」であるが、文脈から、「都合の悪い記憶を忘れること」というようなニュアンスと思われる。よって、with discriminating forgetfulness は、「都合の悪いことは忘れて」の意となる。   ►describe A as B 「A を B であると言う,評する」(B には名詞だけでなく形容詞なども置かれる。)  He describes her as reserved. 彼は、彼女のことを控え目な人だと言う。

☞ 都合の悪いことは忘れて、自分の青春時代を「古き良き時代」だったと言うのである。

 

試 訳 例

晩年になって、人は、振り返ってみて、自分が育った世界を、この上なくすばらしい世界だったとみなし、そして、都合の悪いことは忘れて、自分の青春時代を「古き良き時代」だったと言うのである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 019

A certain number of people are always upset by hearing such stories. Soon after this meeting, I got a pleasant but agitated letter from an intelligent and highly trained psychologist who had heard my talk. How, she demanded, could children possibly learn unless we corrected all their mistakes? Wasn't that our responsibility, our duty? I wrote a long reply, repeating my point and telling still more stories about children correcting their own mistakes. But she seems to be as far from understanding me as ever. It is almost as if she cannot hear what I am saying. This is natural enough. Anyone who makes it his life work to help other people may come to believe that they cannot get along without him, and may not want to hear evidence that they can, all too often, stand on their own feet. Many people seem to have built their lives around the notion that they are in some way indispensable to children, and to question this is to attack the very center of their being. Still, even at the risk of upsetting these good people, we must question their assumption, because it is largely not true.  (大学入試問題より引用)

 

A certain number of people are always upset by hearing such stories. Soon after this meeting, I got a pleasant but agitated letter from an intelligent and highly trained psychologist who had heard my talk. How, she demanded, could children possibly learn unless we corrected all their mistakes? Wasn't that our responsibility, our duty?

pleasant:  心地よい, 気持ちがよい

agitated:  動揺した, 興奮した

 

A certain number of people are always upset by hearing such stories.                                                                                               

►a certain number of A 「いくらかの A, 一定の A」  need a certain number of calories per day  一日当たり一定のカロリーを必要とする

☞ こんな話を聞くと、一定の人は、いつも腹を立てるものである。

   

How, she demanded, could children possibly learn unless we corrected all their mistakes?

►本来なら、主節に対し、疑問詞以下の従属節は、平叙文と同じ語順で疑問符を用いない間接疑問の形をとるはずである。(例えば、 I wonder how he made this. 彼はどうやってこれを作ったのだろう。) にもかかわらず、ここでは、主節の she demanded に対し、従属節の how 以下は、通常の疑問文の形がとられている。不規則な用法に思えるが、demand は、話法においては、「〜と強く尋ねる」の意で、伝達動詞として機能することから、この用法を she demanded を伝達部とする混合話法と捉えることができる。(混合話法は、話法の原則に沿わず、直接話法と間接話法が入り交じった形態である。引用符を伴わない場合が多い。 I wondered how did the accident happen?  事故はどのようにして起きたのだろうか。)       possibly は、「(当惑・驚きなどを強調して)~だろうか」の意。  

☞ 彼女は、我々が子供達のあらゆる誤りを正さなければ、いったい子供達はどうやって学ぶことができるのかと、強く説明を求めたのである。

 

Wasn't that our responsibility, our duty?                                 

►描出話法である。 直接話法に変えれば、 She demanded "Isn’t this our responsibility, our duty?” となる。(描出話法は、「He said」のような伝達部のない、または不明瞭な、直接話法と間接話法の中間的な形態である。時制の一致や代名詞の用い方は間接話法と同じであるが、語順は直接話法と同じになる。小説などの中でよく用いられる。  There was a knock on her door then. Who could it be? そのときドアをノックする音がした。誰かしら(と彼女は思った)。(直接話法を用いれば、 “Who could it be?” she wondered.   間接話法なら、She wondered who it could be.) 

☞ それは私たちの責任であり義務ではないのかと、彼女は迫ったのである。

 

試 訳 例

こんな話を聞くと、一定の人は、いつも腹を立てるものである。この講演のすぐ後で、好感が持てるものの興奮ぎみの手紙をもらった。それは、私の話を聞いた、知的で、高度に教育を受けた心理学者からのものである。彼女は、我々が子供達のあらゆる誤りを正さなければ、いったい子供達はどうやって学ぶことができるのかと、強く説明を求めたのである。それは私たちの責任であり義務ではないのかと、彼女は迫ったのである。

 

I wrote a long reply, repeating my point and telling still more stories about children correcting their own mistakes. But she seems to be as far from understanding me as ever. It is almost as if she cannot hear what I am saying. This is natural enough.

 

I wrote a long reply, repeating my point and telling still more stories about children correcting their own mistakes.                              

►I wrote a long reply, repeating my point and telling …… は、付帯状況の分詞構文であり、主節との連続動作を表している。  My train left at eight, arriving in Tokyo at ten.  私の乗った列車は8時に出発して、10時に東京に到着した。 

☞ 私は、長い返事を書いて、自分の主張を繰り返し、自分自身の誤りを正す子供の話をさらに語った。

 

But she seems to be as far from understanding me as ever.                               

►seem to be ~ 「~らしい, ~のようだ, ~のように見える」 She seems to be single. 彼女は独身らしい。   She seems (to be) sick. 彼女は病気らしい[のようだ]。(to be が省略されるのは、その後に、程度の大小が感じられる形容詞や名詞が続く場合とされる。)      ►far from ~ 「少しも~でない, 決して~ない 」   He's far from happy.  彼は、少しも幸福ではない。   She is far from telling a lie.  彼女は決して嘘をつかない。   ►as ~ as ever 「相変わらず~, 依然として~」  She is as busy as ever.  彼女は相変わらず忙しい。

☞ しかし、彼女は、依然として私の話を少しも理解していないように思える。

 

It is almost as if she cannot hear what I am saying.

►as if[though]~ 「まるで~であるかのように, ~するかのように, ~のように」  It looks as if it is going to rain. 今にも雨が降りそうだ。(直説法)   He looks as if he were ill.  彼は、まるで病気であるかのように見える。(仮定法)       

☞ まるで、彼女は、私の話していることが聞こえないかのようである。

            

試 訳 例

私は、長い返事を書いて、自分の主張を繰り返し、自分自身の誤りを正す子供の話をさらに語った。しかし、彼女は、依然として私の話を少しも理解していないように思える。まるで、彼女は、私の話していることが聞こえないかのようである。これは、ごく当然のことである。

 

Anyone who makes it his life work to help other people may come to believe that they cannot get along without him, and may not want to hear evidence that they can, all too often, stand on their own feet.

                                       

makes it his life work to help other people

►it は形式目的語(仮目的語)で、to help other peopleが真の目的語。つまり、makes it[= to help other people]his life work であり、「make 名詞 名詞」(make O C)の構文である。  She makes it a rule to take a walk every morning. 彼女は毎朝散歩するのを習慣にしている。 

☞ ほかの人を助けることを生涯の仕事にする

 

come to believe that they cannot get along without him

►come to do 「~するようになる」 (do は、通例、know / understand / believe / love などの認識、精神状態、態度を表わす状態動詞。)   I came to understand how valuable cultural diversity was. 私は文化の多様性がどれだけ価値があるのかを理解するようになった。  ►get along 「(生活を)何とかやっていく,(仕事が)うまくいく,(人と)うまくやっていく」  I can't get along without your support.  あなたのサポートがないとやっていけない。  

☞ 自分がいなければ、彼らは、うまくやってはいけないと思うようになる

 

may not want to hear evidence that they can, all too often, stand on their own feet

►evidence は、ここでは、「事実」の意。  ►all too often 「たいていは, 往々にして」

►stand on one's own feet 「自立する, 独立する, 自立心を持つ」    She stands on her own feet economically.  彼女は、経済的に自立している。

☞ たいていの場合、人に頼らずやっていけるという事実を耳にしたくはないだろう

 

試 訳 例

ほかの人を助けることを生涯の仕事にしている者なら誰でも、自分がいなければ、彼らは、うまくやってはいけないと思うようになるため、彼らは、たいていの場合、人に頼らずやっていけるという事実を耳にしたくはないだろう。

 

➍ Many people seem to have built their lives around the notion that they are in some way indispensable to children, and to question this is to attack the very center of their being.                                                      

notion:  考え, 意見, 見解, 概念, 観念

question:  ~を疑問に思う, ~を問題にする, ~に異議を唱える

being:  存在, 実在, 人生, 生命, 本質

 

many people seem to have built their lives around the notion that they are in some way indispensable to children

►many people seem to have built their lives における to have built は、完了形不定詞である。文脈から現在完了の継続用法と思われる。 (完了形不定詞は、述語動詞の時制より一つ前の時制を表す場合と、現在完了や過去完了(完了・継続・経験用法)を表す場合がある。 She seems to have been ill. は、述語動詞の時制より一つ前の時制を表していると捉えると、It seems that he was ill. 「彼は病気だったようだ」の意であり、また、現在完了を表すものと捉えると、It seems that she has been ill.「彼女は病気であるようだ」の意となる。)     ►around A 「A を中心にして,  A の周りに,  A を取り巻いて」      ►in some way は、ここでは、「ある意味で, どうやら」の意と思われる。     ►be indispensable to A 「A になくてはならない」

☞ 多くの人たちは、自分は、ある意味、子供にとってはなくてはならないものだという考え方を中心に、自分の人生を築き上げてきたように思われる。

 

and to question this is to attack the very center of their being  

►to question this[= the notion]と to attack the very center of their beingは、共に不定詞が導く名詞句である。この名詞句は、単数扱い。 

►and は、ここでは、「(当然の帰結, 成り行きを示して)したがって, そこで, だから」の意。 I missed the last bus and had to walk home.  最終バスに乗り遅れたので、家まで歩かなければならなかった。

☞ この考えに異議を唱えることは、彼らの存在のまさに核心を攻撃することである

 

試 訳 例

ほかの人を助けることを生涯の仕事にしている者なら誰でも、自分がいなければ、彼らは、うまくやってはいけないと思うようになるため、彼らは、たいていの場合、人に頼らずやっていけるという事実を耳にしたくはないだろう。多くの人たちは、自分は、ある意味、子供にとってはなくてはならないものだという考え方を中心に、自分の人生を築き上げてきたように思われる。したがって、この考えに異議を唱えることは、彼らの存在のまさに核心を攻撃することなのである。

 

  Still, even at the risk of upsetting these good people, we must question their assumption, because it is largely not true.  

still: (しばしば接続詞的に用いて)それにもかかわらず, なおかつ, それでも, やはり

upset:  ~を動揺させる[苦しめる, 困らせる, 怒らせる]

assumption:  仮定, 前提, 想定, 憶測, 思い込み

largely:  大部分は, 大いに, 一般に, 主として, おおむね

 

still, even at the risk of upsetting these good people

►at the risk of A 「A の危険を冒して,  A を犠牲にして,  A は承知のうえで」 at the risk of one's life 命がけで

☞ それでも、この善良な人々を苦しめてしまうということを承知のうえであっても

 

試 訳 例

それでも、この善良な人々を苦しめてしまうということを承知のうえで、私たちは、彼らの思い込みに異議を唱えなくてはならないのである。なぜなら、その思い込みは、ほとんど間違っているからである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 018

It’s unclear what underlies the placebo effect. Some experts argue that the human body subconsciously responds physically and physiologically to the ritual of treatment, like Pavlov’s dogs, while others argue it’s the power of positive thinking. For better or worse, entrepreneurs are beginning to pay attention, and you can now buy placebo pills on Amazon for $8 to $15 a bottle. Not everyone agrees that honest placebos work. It shouldn’t make sense. And yet in today’s medical environment, where the sense of being cared for can be lost behind ever higher medical bills and less and less face time with doctors, it can make all the sense in the world.   (TIMEより引用)

 

It’s unclear what underlies the placebo effect. Some experts argue that the human body subconsciously responds physically and physiologically to the ritual of treatment, like Pavlov’s dogs, while others argue it’s the power of positive thinking. For better or worse, entrepreneurs are beginning to pay attention, and you can now buy placebo pills on Amazon for $8 to $15 a bottle.

underlie:  ~の根拠を成す, ~の基礎にある, ~の根底にある

placebo:  偽薬

subconsciously:  無意識のうちに, 潜在的

ritual:  習慣的行為, 儀式

entrepreneur:  企業家, 起業家

 

It’s unclear what underlies the placebo effect.

placebo effect 「プラセボ効果

☞ 何がプラセボ効果の根拠をなしているかは不明である。

 

the human body subconsciously responds physically and physiologically to the ritual of treatment, like Pavlov’s dogs

►Pavlov’s dogs 「パブロフの犬

☞ 人間の体が、パブロフの犬のように、潜在的に身体的および生理学的に習慣付けに反応する

 

For better or worse, entrepreneurs are beginning to pay attention, and you can now buy placebo pills on Amazon for $8 to $15 a bottle.

►for better or worse 「よかれあしかれ」  ►pay attention 「注目する」  ► can now do 「~できるようになった」  I can now walk comfortably. 私は楽に歩けるようになった。

☞ よかれあしかれ、起業家が注目し始めており、アマゾンで一瓶8ドルから15ドルでプラセボが買えるようになった。

 

試 訳 例

何がプラセボ効果の根拠をなしているかは不明である。人間の体はパブロフの犬のように潜在的に身体的および生理学的に習慣付けに反応すると主張する専門家もいれば、プラセボ効果は前向きな思考の力によるものであると主張する専門家もいる。よかれあしかれ、起業家が注目し始めており、アマゾンで一瓶8ドルから15ドルでプラセボが買えるようになった。

 

Not everyone agrees that honest placebos work. It shouldn’t make sense. And yet in today’s medical environment, where the sense of being cared for can be lost behind ever higher medical bills and less and less face time with doctors, it can make all the sense in the world.

 

Not everyone agrees that honest placebos work. It shouldn’t make sense.

►honest placebos work は、直訳すれば、「本当のプラセボが効く」の意であるが、ここは、「プラセボが本当に効く」と訳したい。  ►workは、「(薬が)効く」の意。 The pill worked on me quickly. その薬はすぐに効いてきた。  ►It shouldn’t make sense. は、「プラセボが効くなどということは、理に適っていないのだ。」の意。  ►make sense 「理に適う,  意味を成す,  筋が通っている,  当然である」

だれしもが、プラセボが本当に効くということに同意しているわけではない。プラセボが効くなどということは、理に適っていないのだ。

 

And yet in today’s medical environment, where the sense of being cared for can be lost behind ever higher medical bills and less and less face time with doctors, it can make all the sense in the world.

►and yet 「それなのに, それにもかかわらず」   ►higher medical bills 「より高額な医療費」   ►less and less face time with doctors 「医師との対面時間がますます少なくなること」

☞ それにもかかわらず、医療費がかなり高額化し、また医師と向き合う時間がますます少なくなることにより、ケアされているという思いを持てなくなり得る今日の医療状況においては、プラセボが、世界中で非常に意義のあるものとなる可能性がある。

 

試 訳 例

だれしもが、プラセボが本当に効くということに同意しているわけではない。プラセボが効くなどということは、理に適っていないのだ。それにもかかわらず、医療費がかなり高額化し、また医師と向き合う時間がますます少なくなることにより、ケアされているという思いを持てなくなり得る今日の医療状況においては、プラセボが、世界中で非常に意義のあるものとなる可能性がある。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム