英 文 和 訳 029

Can one write the history of art 'up to the present day' as one can perhaps write the history of airplanes? Many critics and teachers hope and believe that one can. I am less sure. True, one can record and discuss the latest fashions, the figures who happen to have caught the limelight at the time of writing. But only a prophet could tell whether these artists will really 'make history,' and on the whole critics have proved poor prophets. Imagine an open-minded and eager critic in 1890 trying to bring the history of art 'up to date.' With the best will in the world he could not have known that the three figures who were making history at that time were Van Gogh, Cezanne and Gauguin; the first, a crazy middle-aged Dutchman working away in southern France, the second a retiring gentleman of independent means, who had long ceased to send his paintings to exhibitions, and the third a stockbroker who had become a painter late in life and was soon off to the South Seas. The question is not so much whether our critic could have appreciated the works of these men as whether he could have known of them at all.  (大学入試問題より引用)

 

Can one write the history of art 'up to the present day' as one can perhaps write the history of airplanes? Many critics and teachers hope and believe that one can. I am less sure. True, one can record and discuss the latest fashions, the figures who happen to have caught the limelight at the time of writing. But only a prophet could tell whether these artists will really 'make history,' and on the whole critics have proved poor prophets.

fashion  流行の物[人], 人気がある物[人]

figure    人物

limelight   脚光

prophet      預言者, 予言者, 予想をする人

poor     へたな, 不得意な

 

Can one write the history of art 'up to the present day' as one can perhaps write the history of airplanes?                     

►the history of art 'up to the present day' 「現在に至るまでの芸術史」  'up to the present day' が、the history of artを後置修飾。 up to A は、 「A(ある位置, 程度, 時点)に至るまで」の意。 I am up to the eighth lesson. 第8課まで進んでいる。    ►as 「(接続詞) ~のように,  ~のとおりに,  ~であるように」 (様態・状態を表わす。)    Leave it as it is. そのままにしておくように。   When in Rome do as the Romans do. 郷に入らば郷に従え。 

☞ 人が飛行機の歴史を記すことができるように、我々は、現在に至るまでの芸術史を記すことができるだろうか。

 

Many critics and teachers hope and believe that one can.                                      

►one can の後に、write the history of art 'up to the present day' が省略されている。

☞ 多くの批評家や教師は、人はそうできると期待し、また信じている。

 

I am less sure.                                                                       

►I am less sure の後に、(of it)than many critics and teachers are. が省略されている。   I'm less ~ than … は、「…に比べて〜でない」の意。   I'm less concerned about it than I was. 私はそのことを以前ほど心配していない。  I'm less motivated today than usual. 今日はいつもよりやる気がしない。

☞ 私は、それほどには、確信が持てない。

 

True, one can record and discuss the latest fashions, the figures who happen to have caught the limelight at the time of writing.                        

►true 「なるほど, 確かに」(このtrueは、文修飾の副詞である。)  ►the latest A 「最近のA,最新のA」  ►catch the limelight 「脚光を浴びる」  ►happen to do 「たまたま〜する」    I just happen to know her. 私はたまたま彼女を知っている。   Do you happen to know her? ひょっとして彼女を知っていますか。   ►the figures who happen to have caught the limelight「たまたま脚光を浴びている人物」 to have caughtは、完了形の用法(継続)に相当する完了不定詞と思われる。完了不定詞は、述語動詞の表す基準時点より前の時制を表わすものではなく、「継続」や「経験」などの完了形の用法に相当する場合もある。  例えば、 She seems to have been happy. は、文脈によっては、 It seems that she was happy.(彼女は幸せだったように思える。)ではなく、It seems that she has been happy.(彼女はずっと幸せであるように思える。)という「継続」の意を表わすことがある。  同様に、He seems to have seen her before. の場合は、It seems that he saw her before.(彼は以前彼女に会ったようだ。)ではなく、It seems that he has seen her before.(彼は以前彼女に会ったことがあるようだ。)という「経験」の意を表わすことがある。   ►the latest fashions, the figures who happen to have caught the limelight : 最近の人気がある人物、つまり、たまたま脚光を浴びている人物 (the latest fashionsとthe figuresは、同格。)     ►at the time of writing 「執筆時点で(は),  これを書いている時点で(は)」

☞ 確かに、最近の人気がある人物、つまり、執筆している時点でたまたま脚光を浴びている人物については、記したり論じたりすることができる。

 

But only a prophet could tell whether these artists will really 'make history’, and on the whole critics have  proved poor proved poor prophets.                                                    

►make history 「歴史的な偉業を成し遂げる」

☞ だが、これらの芸術家が実際に「歴史的な業績を成し遂げる」のかどうかは予言者しか分からないし、概して、批評家というものは、程度の低い予言者であり続けてきたのである。

 

試 訳 例

人が飛行機の歴史を記すことができるように、我々は、現在に至るまでの芸術史を記すことができるだろうか。多くの批評家や教師は、人はそうできると期待し、また信じている。しかし、私は、それほどには、確信が持てない。確かに、最近の人気がある人物、つまり、執筆している時点でたまたま脚光を浴びている人物については、記したり論じたりすることができる。だが、これらの芸術家が実際に「歴史的な業績を成し遂げる」のかどうかは予言者しか分からないし、概して、批評家というものは、程度の低い予言者であり続けてきたのである。

 

Imagine an open-minded and eager critic in 1890 trying to bring the history of art 'up to date.' With the best will in the world he could not have known that the three figures who were making history at that time were Van Gogh, Cezanne and Gauguin; the first, a crazy middle-aged Dutchman working away in southern France, the second a retiring gentleman of independent means, who had long ceased to send his paintings to exhibitions, and the third a stockbroker who had become a painter late in life and was soon off to the South Seas. The question is not so much whether our critic could have appreciated the works of these men as whether he could have known of them at all. 

open-minded     進取の気性に富む,(新しい思想などを)受け入れやすい, 目先の利く, 頭の柔らかい, 偏見のない

gentleman     有閑階級の人, 紳士

stockbroker  株式仲買人

appreciate     ~を正当に評価する, ~を理解する, ~の真価を認める

 

Imagine an open-minded and eager critic in 1890 trying to bring the history of art 'up to date.'

►bring A up to date 「A(もの)を最新にする,  A(人)に最新の情報を与える」   Recently we have brought our office equipment up to date. 最近、我が社の機器を最新のものにした。   He brought me up to date on the matter. 彼は、私に、その件について、最新の情報を教えてくれた。

☞ 1890年に、進取の気性に富む、熱心な批評家が、芸術史を最新のものにしようとしていると想像しみればいい。

 

With the best will in the world he could not have known that the three figures who were making history at that time were Van Gogh, Cezanne and Gauguin; the first, a crazy middle-aged Dutchman working away in southern France, the second a retiring gentleman of independent means, who had long ceased to send his paintings to exhibitions, and the third a stockbroker who had become a painter late in life and was soon off to the South Seas.                                               

►with the best will in the world 「いくら頑張っても, いくらその気でも,  心掛けがどれほどよくても」   Even with the best will in the world, we won't be able to get there in time. どうやっても、我々は、そこに時間までには行けない。     ►could not have known 「知っていたはずはない」 couldn't have 過去分詞は、「(過去に)~したはずがない」という過去に対する強い否定的な推量を表わす。「~したはずがなかった」ではなく、「cannot have 過去分詞」とほとんど同様の意となる。(ただし、couldの場合は、少し控えめな表現とされる。) He couldn't have done such a thing.[= He can't have done such a thing.]彼がそんなことをしたはずはない。   He couldn't have won the game.[= He cannot have won the game.]彼が試合に勝ったはずがない。  ►work away 「せっせと働く」     ►a retiring gentleman of independent means, who had long ceased to send his paintings to exhibitions 「食うに困らない隠遁生活者で、展覧会に絵を出品しなくなって久しい」 (a retiring gentleman 「隠遁して暮らしている人」     independent means 「働かなくても暮らしていけるだけの資力」     have long ceased to do 「~しなくなってもう長い, とうの昔に~しなくなった」)     ►be off to A 「A へ出かける」

☞ その批評家が、どんなに熱心だったとしても、当時、歴史的な業績を成し遂げようとしている3人の人物は、ヴァン・ゴッホセザンヌ、そしてゴーギャンであることを知っていたはずはないだろう。最初のゴッホは、南フランスでせっせと働く、変わり者の中年オランダ人。次のセザンヌは、食うに困らない隠遁生活者で、展覧会に絵を出品しなくなって久しい。そして3番目のゴーギャンは、晩年に画家になり、すぐに南太平洋へ行ってしまった株のブローカーであった。

 

The question is not so much whether our critic could have appreciated the works of these men as whether he could have known of them at all.       

►not so much A as B = not A so much as B「A というよりむしろ、B である」(A とB には、名詞・形容詞・動詞・句・節などが置かれる。) She is not so much an actress as a singer.[= She is not an actress so much as a singer.]彼女は、女優というよりはむしろ歌手だ。   The value as a person lies not so much in what he has as in what he is. 人間としての価値は、その人の財産よりむしろその人格にある。     ►our A 「当[例]の A,  話題の A」 our part 当方          ►could have appreciated 「評価したかもしれない,  評価した可能性がある」(過去のことに対する推量。 後のcould have known も同様。)     ►at all 「(疑問文で)いったい, そもそも」  Do you believe it at all? いったい信じているのか。

☞ 問題は、当の評論家が3人の作品を評価したかどうかというよりも、そもそも3人を知っていたかどうかということである。

 

試 訳 例

1890年に、進取の気性に富む、熱心な批評家が、芸術史を最新のものにしようとしていると想像しみればいい。その批評家が、どんなに熱心だったとしても、当時、歴史的な業績を成し遂げようとしている3人の人物は、ヴァン・ゴッホセザンヌ、そしてゴーギャンであることを知っていたはずはないだろう。最初のゴッホは、南フランスでせっせと働く、変わり者の中年オランダ人。次のセザンヌは、食うに困らない隠遁生活者で、展覧会に絵を出品しなくなって久しい。そして3番目のゴーギャンは、晩年に画家になり、すぐに南太平洋へ行ってしまった株のブローカーであった。問題は、当の評論家が3人の作品を評価したかどうかというよりも、そもそも3人を知っていたかどうかということである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。    メールフォーム

英 文 和 訳 028

The metaphysical approaches have assumed the existence of a supreme, and usually divine, creator whose ends and means have been either revealed to, or otherwise perceived by, selected individuals in an extra-sensory manner (e.g., mystical experiences, dreams, etc.). Those who have not had the benefit of such direct experiences have either accepted or rejected the 'evidence' of those who have as a matter of personal preference ― acceptance, of course, being an act of faith rather than of reason. The chief disadvantage of this method, from a practical point of view, is that divinely revealed information must be accepted as absolutely true, that is, true for all time despite any evidence that may crop up to conflict with it. This dilemma has given rise to theology, which may be described as the art of fitting new evidence into old explanations. Science, on the other hand, has no dogmatic beliefs of this kind, scientific knowledge being self-correcting. Any fresh evidence that may appear either discredits or helps to confirm existing theories: if evidence builds up against a theory it is discarded and a better one sought in its place. (大学入試問題より引用)

 

The metaphysical approaches have assumed the existence of a supreme, and usually divine, creator whose ends and means have been either revealed to, or otherwise perceived by, selected individuals in an extra-sensory manner (e.g., mystical experiences, dreams, etc.).                                                                     

assume     ~を前提とする, ~と仮定[想定, 臆測, 推測]する

supreme     最高位の, 至上の, 最終の, 究極の

divine   神聖な, 神の, 神から授かった, 天与の, すばらしく良い, 神学者, 占う

reveal      啓示する, 啓示, ~を明らかにする

e.g.     例えば (ラテン語の exempli gratia の略。通例、「for example」と読む。)

 

the existence of a supreme, and usually divine, creator

►supreme と usually divine が、creator にかかっている。

☞ 至上の、そして常に神聖な、創造主の存在

 

have been either revealed to, or otherwise perceived by, selected individuals

►revealed toとperceived by が、selected individuals にかかっている。

☞ 選ばれた人々に啓示されるか、あるいは、選ばれた人々によって感知される

 

試 訳 例

形而上的な取り組みは、至上の、そして常に神聖な、創造主の存在を前提としてきた。創造主の目的や手段は、超感覚的な方法(例えば、神秘体験や夢やその他)で、選ばれた人々に啓示されるか、あるいは、そうでなければ、選ばれた人々によって感知されるのである。

 

Those who have not had the benefit of such direct experiences have either accepted or rejected the 'evidence' of those who have as a matter of personal preference ― acceptance, of course, being an act of faith rather than of reason.                                                                      

evidence      証拠, 根拠, 証明, 事実, 証言, 明白に示すもの,(神学)証(あかし)

preference      好み, ひいき, 選択, 採択

reason      理性, 道理, 理屈, 分別

 

the benefit of such direct experiences

►この of は、「同格の of」  the idea of remodeling one’s house  家を改築するという考え   the five of us  私たち5人

☞ そのような直接体験という恩恵

 

the 'evidence' of those who have

►have の後に、had the benefit of such direct experiences が省略されている。         ►この evidence には、quotation marks が用いられていることから、特別な意味を持つものと考えられる。キリスト教においては、神との出会いや神から得た恵みを人に伝えることを「証(あかし)」と呼ぶとのこと。したがって、ここでは、「証」という訳が妥当であると判断した。

►― acceptance, of course, being an act of faith rather than of reason は、独立分詞構文の副詞句が文尾に置かれたものである。acceptance を意味上の主語とする。文脈から判断して、理由を表わしていると解釈される。なお、ダッシュは、カンマに代わって用いられたものと思われる。  We all yelled out into the void at the top of the mountain, our voice echoing through the mountains.  山の頂上で、みんなで空に叫ぶと、声が山々に響き渡った。

☞ 受容するということは、もちろん、理性的行為というよりは、むしろ信仰的行為である  

 

試 訳 例

そのような直接体験という恩恵を受けたことのない人々は、そんな恩恵を受けたことのある人々の「証」を、個人的な好みの問題として、受容するか、または拒絶するかのどちらかである。なぜなら、受容するということは、もちろん、理性的行為というよりは、むしろ信仰的行為だからである。

 

The chief disadvantage of this method, from a practical point of view, is that divinely revealed information must be accepted as absolutely true, that is, true for all time despite any evidence that may crop up to conflict with it.                    

disadvantage     不利な状態[立場, 点], 不利, 劣勢, 不都合(な事情)

divinely      神の力によって, 神のように, 神々しく 

 

the chief disadvantage of this method

►this は、「形而上学的な取り組み」を指す。

☞ 而上学的な取り組みの手法の主たる難点

 

divinely revealed information must be accepted as absolutely true, that is, true for all time despite any evidence that may crop up to conflict with it

►as absolutely true, that is, true for all time 「絶対的な真理として、つまり、永遠に真理として」 (for all time は、「永久に,  いつまでも」の意。)      ►crop up 「不意に現れる,  不意に起こる」   His name just cropped up in conversation.  彼の名前が、会話の最中に不意に出た。     ►despite any evidence that may crop up to conflict with it 「突然に現れ、(その結果)それと相反するどんな証拠にもかかわらず」 ⇒ 「それと相反するどんな証拠が現れようとも」 (conflict with A は、「A と衝突[対立, 相反]する」の意。)

☞ 神の力によって啓示された知識は絶対的な真理として、つまり、神の力によって啓示された知識と相反するどんな証拠が現れようとも、永遠に真理として受け入れられなければならない

 

試 訳 例

現実的見地からすると、而上学的な取り組みの手法の主たる難点は、神の力によって啓示された知識は絶対的な真理として、つまり、神の力によって啓示された知識と相反するどんな証拠が現れようとも、永遠に真理として受け入れられなければならないということである。

 

This dilemma has given rise to theology, which may be described as the art of fitting new evidence into old explanations.

dilemma     ジレンマ, 板ばさみ, 窮地, 難局

theology     神学

explanation      解釈, 説明, 解明, 釈明, 意味, 真相, 理由

 

This dilemma has given rise to theology, which may be described as the art of fitting new evidence into old explanations.

►give rise to A 「A を(引き)起こす,  A を生じさせる」   Such conduct will give rise to suspicion.  そのような行動は疑いを生むだろう。    give rise to a feeling of alienation  疎外感を生じさせる[引き起こす]       ►describe A as B 「A を Bと呼ぶ[称する], A を Bと評する,  A を B と表現する」     ►fit A into[to]B 「A を Bに適合させる」 

                 

試 訳 例

このジレンマは神学を生み出した。そして、その神学は、新しい事実を古い解釈に当てはめる技法と評されるかもしれないのである。

 

Science, on the other hand, has no dogmatic beliefs of this kind, scientific knowledge being self-correcting.                                         

dogmatic     独善的な, 独断的な, 独断主義の, 教義上の

 

scientific knowledge being self-correcting

►理由を表わす独立分詞構文と思われる。

☞ 科学的知識は自己修正するので

 

試 訳 例

これに対して、科学にはこの種の独善的な信念は存在しない。なぜなら、科学的知識は、自らを修正するものだからだ。

 

Any fresh evidence that may appear either discredits or helps to confirm existing theories: if evidence builds up against a theory it is discarded and a better one sought in its place.                                                 

existing     現在の, 既存の, 現行の

 

either discredits or helps to confirm existing theories

►discredits と helps to confirm が、existing theories にかかっている。(discredit A  は、「A を信頼できないものとする,  A の信用[評判]を落とす」の意。 confirm A は、「A を裏付ける,  A を確かにする」の意。)

☞ 既存の理論を信頼できないものとするか、既存の理論を裏付けるのに役立つかのいずれか

 

evidence builds up against a theory

►build up 「次第に強まる[高まる, 増える], ~を増強する, ~を確立する」   The carbon dioxide build up to a dangerous level. 二酸化炭素が危険なレベルまで上昇した。     Pressure has built up. プレッシャーが増大してきた。    ►against A 「A に反対して,  A に逆らって」   act against one's will  自分の意思に反してふるまう       argue against a proposal  提案に反論する

☞ 証拠が、ある理論に反して、確たるものとなる

 

it is discarded and a better one sought in its place

►it[= the theory]is discarded and a better one (is) sought (2つの文が、同じ述語動詞を有し、and や or などの等位接続詞で結ばれている場合には、その動詞の反復を避けるため、等位接続詞の後の動詞は省略されることがある。)       ►in A's place 「A の代わりに」(= in the place of A) I attended the party in his place.  彼の代わりに、そのパーティーに出席した。

 

☞ その理論は捨てられ、それに代わって、より良い理論が模索される

 

試 訳 例

現われ得るどのような新たな証拠も、既存の理論を信頼できないものとするか、既存の理論を裏付けるのに役立つかのいずれかである。もし証拠が、ある理論に反して、確たるものとなれば、その理論は捨てられ、それに代わって、より良い理論が模索されるのだ。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。    メールフォーム

英 文 和 訳 027

What does President Trump’s national security strategy say about “resilience,” then?

“Resilience includes the ability to withstand and recover rapidly from deliberate attacks, accidents, natural disasters, as well as unconventional stresses, shocks, and threats to our economy and democratic system,” the report states. “Through risk-informed investments, we will build resilient communities and infrastructure to protect and benefit future generations.”  (National Geographicより引用)

 

What does President Trump’s national security strategy say about “resilience,” then? “Resilience includes the ability to withstand and recover rapidly from deliberate attacks, accidents, natural disasters, as well as unconventional stresses, shocks, and threats to our economy and democratic system,” the report states.

national security strategy       国家安全保障戦略

resilience       回復力, 復元力, 弾力性, レジリエンス

withstand  ~に耐える, 抵抗する, 逆らう

unconventional        慣例に従わない, 因襲にとらわれない, 型にはまらない

 

the ability to withstand and recover rapidly from deliberate attacks, accidents, natural disasters, as well as unconventional stresses, shocks, and threats to our economy and democratic system

►deliberate attacks は、「計画的な攻撃,  計画的犯行,  陣地攻撃」と訳されるが、ここでは、「テロなどの攻撃」のことではないだろうか。   ►unconventional 「慣例に従わない」 ⇒ 「従来には考えられなかったような」  この unconventional は、 stresses だけでなく、 shocks と threats to our economy and democratic system にかかる。

☞ 従来には考えられなかったようなストレス、精神的ショック、経済と民主主義体制への脅威、さらには、テロ攻撃、アクシデント、自然災害といったものに耐え、迅速にそれらから回復する能力

 

試 訳 例

それでは、トランプ大統領の国家安全保障戦略は、「レジリエンス」についてどう述べているか。

レジリエンスには、従来には考えられなかったようなストレス、精神的ショック、経済と民主主義体制への脅威、さらには、テロ攻撃、アクシデント、自然災害といったものに耐え、迅速にそれらから回復する能力が含まれる。」とそのレポートは述べている。

 

“Through risk-informed investments, we will build resilient communities and infrastructure to protect and benefit future generations.”

resilient    弾力性のある, 回復[復元]力のある

 

through risk-informed investments

through は、ここでは、「手段」を表す。  Through communication we are able to build a relationship of trust. 意志疎通によって、我々は信頼関係を築くことができる。     ►risk-informed investments 「リスク情報を活用した投資」

リスク情報を活用した投資によって

 

試 訳 例

リスク情報を活用した投資によって、我々は、未来の世代を守り、未来の世代に役立つべく、強靭なコミュニティとインフラを構築するのである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 025

Macleod embarked on a crash program to tame the colossal losses. His crews began repairing and replacing mains. They put meters on residences, replaced four-gallon flush toilets with two-gallon models, and retrofitted wasteful showerheads and water taps. To ensure that the poor would receive a basic supply of water, Macleod installed tanks in homes and apartments to provide 50 gallons of water a day free to each household. Water consumption in metropolitan Durban is now less than it was in 1996 even as 800,000 people have received service.

By cutting water use — daily consumption in the most wasteful districts has been reduced by more than half — Durban's conservation measures paid for themselves within a year. Plans to build a costly new dam have been shelved, and Macleod is confident that no new dams will be needed in the coming decades, despite the expected addition of about 300,000 users.  (National Geographic より引用)

 

Macleod embarked on a crash program to tame the colossal losses. His crews began repairing and replacing mains. They put meters on residences, replaced four-gallon flush toilets with two-gallon models, and retrofitted wasteful showerheads and water taps. To ensure that the poor would receive a basic supply of water, Macleod installed tanks in homes and apartments to provide 50 gallons of water a day free to each household. Water consumption in metropolitan Durban is now less than it was in 1996 even as 800,000 people have received service.

embark  (事業など)に乗り出す, 着手する, 従事する

tame    ~を制御[支配, 管理]する, 収める

colossal     巨大な, 膨大な, 広大な, 大量の

crew     仲間

main  (水道管の)本管, 主要部

residence     住所, 住宅, 邸宅, 居住地

flush toilet     洗面所, 水洗トイレ

retrofit  ~を改良[改善]する

water tap  蛇口, 水栓

install   ~を取り[据え]付ける

household      家族, 家庭, 世帯

 

Macleod embarked on a crash program to tame the colossal losses.

►embark on[upon]A 「A に着手する」  He embarked upon a new business. 彼は新しい事業に乗り出した。   ►crash program 「(工事などの)突貫計画, 突貫作業」

☞ Macleod 氏は、膨大な損失を抑えるための突貫工事に着手した。

 

Water consumption in metropolitan Durban is now less than it was in 1996 even as 800,000 people have received service.

►even as 「…する時にさえも,  …にもかかわらず,  ちょうど…の時に」   Even as the economy is recovering, wages continue to decline. 景気が回復しているにもかかわらず、賃金の減少が続いている。   Even as I got up, she left the room. ちょうど私が起きた時、彼女は部屋を出て行った。

☞ 大都市ダーバンでの水消費量は、80万人が水の供給を受けているにもかかわらず、現在は1996 年よりも少ない。

 

試 訳 例

Macleod氏は、膨大な損失を抑えるための突貫工事に着手した。 彼のグループは、水道管の主要部の修理と交換を開始した。 彼らは、住宅にメーターを設置し、4ガロンの水洗トイレを2ガロンのタイプのものに取り換え、水漏れのするシャワーヘッドと水栓を改善した。 貧しい人々が水の基本的な供給を受けることを確実なものとするために、Macleod 氏は、各世帯に無料で1日50ガロンの水を提供するよう、家やアパートにタンクを据え付けた。大都市ダーバンでの水消費量は、80万人が水の供給を受けているにもかかわらず、現在は1996 年よりも少ない。

 

By cutting water use — daily consumption in the most wasteful districts has been reduced by more than half — Durban's conservation measures paid for themselves within a year. Plans to build a costly new dam have been shelved, and Macleod is confident that no new dams will be needed in the coming decades, despite the expected addition of about 300,000 users.

shelve  (問題・計画などを)棚上げする

 

By cutting water use — daily consumption in the most wasteful districts has been reduced by more than half — Durban's conservation measures paid for themselves within a year.

►has been reduced by more than half 「半分以上減らされた」 この場合の by は程度を表す。increase by 30 percent 30パーセント増える       ►conservation measure 「節約策」     ►pay for itself 「(出費・投資などの)元が取れる, 採算が取れる」  A new equipment would pay for itself within three years. 新しい設備機器は、3年以内でもとが取れるだろう。

☞ 水の使用の削減、つまり、無駄がもっとも多かった区域での一日あたり消費量を半分以上減らすことによって、ダーバンにおける節約策は、一年もしないうちに、採算が取れたのである。

 

試 訳 例

水の使用の削減、つまり、無駄がもっとも多かった区域での一日あたり消費量を半分以上減らすことによって、ダーバンにおける節約策は、一年もしないうちに、採算が取れたのである。(その結果、)コストのかかる新ダムの建設計画が棚上げにされることになった。マクロード氏は、さらに 30 万人の使用者増が予測されるにもかかわらず、今後数十年間にわたって、新しいダムは不要であろうということを確信している。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 024

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory. I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages. But often I have remembered these very occasions myself and have been able accurately to recall the extreme misery, awkwardness or humiliation of the very people who later claimed to have been just then so happy. And I myself tend to create a mythical childhood in my own memory. It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry. And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.  (大学入試問題より引用)

 

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory. I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages.

conveniently     便利よく, 好都合に, 好都合なことに

sincerely     心から

agreeable     好ましい

theory     見解, 持論, 理論, 仮説

 

As the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives and we conveniently forget facts that will not fit in with this agreeable theory.                                                                       

►as the old poets did for the past, we like to imagine a golden age in our own lives の did は、代動詞であり、imagined を表すと思われる。    ►fit in with A 「A と調和する,  A に適合する」   I'll fit in with your schedule. あなたの都合に合わせます。

☞ 昔の詩人が過去のことについて描いたように、我々は、自分自身の人生のなかに黄金時代を思い描きたがるものである。そして、この好ましい見解と相いれない事実は都合よく忘れてしまうのだ。

 

I have seen this in the case of others, who have quite sincerely described to me their great happiness on certain occasions and at certain ages.                                                                                                           

►quite sincerely 「本当に心から,  大まじめに」     ►describe to A B 「A(人)に B について説明する」(= describe B to A)   I will describe my new job to you. あなたに新しい仕事のことを話そう。

☞ 私は、他人の場合のこうしたことをずっと見てきた。彼らは、ある出来事やある年齢において、自分がとても幸福だったことを、本当に心から私に語ったものだ。

 

試 訳 例

昔の詩人が、過去のことについて描いたように、我々は、自分自身の人生のなかに黄金時代を思い描きたがるものである。そして、この好ましい見解と相いれない事実は都合よく忘れてしまうのだ。私は、他人の場合のこうしたことをずっと見てきた。彼らは、ある出来事やある年齢において、自分がとても幸福だったことを、本当に心から私に語ったものだ。

 

But often I have remembered these very occasions myself and have been able accurately to recall the extreme misery, awkwardness or humiliation of the very people who later claimed to have been just then so happy. And I myself tend to create a mythical childhood in my own memory.

awkwardness     不器用さ, ぎこちなさ, 気まずさ

humiliation      屈辱, 恥

 

I have remembered these very occasions myself

►この very は、this / that / the / one's などに伴って、「まさにその,  まったくの,  〜だけでも,  ~そのもの,  ほかならぬ~」の意。  that very person ほかならぬその人    ►この myself は、強意として用いて、「私自身,  私自ら」の意。 I myself went there.[= I went there myself.]私が自らそこへ行った。

☞ 私自身が、まさにそれらの出来事を覚えている         

 

the very people who later claimed to have been just then so happy

►to have been just then so happy は、「ちょうどその頃はとても幸せだったということ」の意。 このように不定詞によって述語動詞の時制よりも前のことを表す場合は、「to have+動詞の過去分詞」という完了形不定詞を用いる。  The man is said to have been rich. その男は金持ちだったと言われている。       ►just then 「ちょうどその時, ちょうどその頃」  

☞ ちょうどその頃はとても幸せだったと、後になって言い張るその人

 

試 訳 例

しかし、たいてい、私自身は、まさにそれらの出来事を覚えていて、ちょうどその頃はとても幸せだったと、後になって言い張るその人は、(実のところ、)極めて悲惨で、見苦しく、屈辱的であったということを、正確に思い出すことができるのだ。そして、私自身も、自分の記憶の中で、架空の幼少時代を作り出すようなところがあるのだ。

 

It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry. And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.

mythical      架空の, 根拠のない, 想像的な, 神話(時代)の, 神話的な, 神話[伝説]上の

deliberate      意図的な, 故意の, 慎重な,思慮深い, 熟考する, 思案する, 検討する

cruelty      残酷さ, 無慈悲さ, 冷酷さ, じゃけん, 残虐性, 残虐な行為 

agitation      動揺, 興奮, 扇動,(人の心を)かき立てること

perplexity      当惑

impress      感銘を与える, 印象づける, 感動させる

thrust      強く押す,(ぐいと)押し付ける, 押しやる, 押し出す, 突き出す, 突き刺す

 

It is based on the facts that my parents were comfortably off and were kind to me, that I was never subject, as other boys often are, to deliberate cruelty, and that I was never hungry.                                          

►it is based on the facts that … この it は、 the mythical childhood を指す。  that 節が3つ続くが、すべて the facts と同格である。   ►the facts は、「本当のこととして語られること,  真実であると言われること,  起こったと思われること,(人の言う)事実,  申し立て」の意であるが、 ここでは、文脈からして、実際のことではなく、記憶が変容してできた「事実」のことと考えられる。よって、「思い込み」と解釈した。     ►be comfortably off 「楽に暮らしている, ゆとりのある暮らしをしている, 食うに困らない, 暮らしが楽である」(= be well off)  ►be subject to A 「A の対象になる,  A にさらされている」   be subject to ridicule  笑いものにされる      be subject to criticism  批判にさらされている         ►as other boys often are は、are の後に subject が省略されたものである。     ►deliberate cruelty は、直訳すれば、「意図的残虐行為」と言ったところだが、ここは、「特に厳しいしつけ」と解釈した。

☞ その架空の子供時代は、自分の両親が、ゆとりのある生き方をしており、自分に優しく、よく他の子供が受けるような、特に厳しいしつけを受けたことは一度もなく、また一度もひもじい思いをしたことがないという、思い込みに基づいたものである。

 

And with these facts in mind, I tend to forget all the real terror, disappointments, agitations and perplexities which are incidental to childhood and which may well impress themselves all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness.

►with A in mind 「A を考慮して,  A を念頭に置いて,  A を踏まえた上で」 The public garden is created with children in mind. その公園は、子供に配慮してつくられた。  ►tend to do 「~しがちである,  ~する傾向がある」   He tends to be overly optimistic.  彼はあまりにも楽天的になりがちだ。  ►incidental to A 「A にありがちな,  A におこりがちな,  A につきものの,  A に付帯する」   the hesitation incidental to the use of a foreign language  外国語を用いる際にありがちな気後れ      confusion incidental to a quick change  急激な変化に付随する混乱          ►may well do 「たぶん~だろう, ~するのはもっともだ」  You may well be right. たぶん君は正しいだろう。 He may well say so. 彼がそう言うのももっともだ。  ►A impress oneself on B 「A(物・事)が B(人・心・記憶)に刻みつく」    The way he died impressed itself on[in]my memory. 彼の死にざまが、私の脳裏に焼き付いた。   Her words impressed themselves on me. 彼女の言葉は、私の記憶に刻み込まれた。       ►all the more firmly on our characters the more we thrust them from our consciousness 「我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと人格の中に焼きつくだろう」 ここは、「all the 比較級 〜 the 比較級 …」という構文であり、「…すればするほど、それだけいっそう〜」と訳し上げる。

☞ これらの事実からして、私は、子供時代にはつきもので、そして我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと性格に刻み込まれるであろう、本当の恐怖、失望、動揺、そして当惑をすべて忘れてしまうという傾向があるのだ。

  

試 訳 例

その架空の子供時代は、自分の両親が、ゆとりのある生き方をしており、自分に優しく、よく他の子供が受けるような、とくに厳しい躾を受けたことは一度もなく、また一度もひもじい思いをしたことがないという、思い込みに基づいたものである。これらの事実からして、私は、子供時代にはつきもので、そして我々が意識から押し出そうとすればするほど、いっそうはっきりと性格に刻み込まれるであろう、本当の恐怖、失望、動揺、そして当惑をすべて忘れてしまうという傾向があるのだ。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 023

The very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country, and whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed. Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan. Not that it is something which annoys me, for I have understood that people are happy with these platitudes which save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity. (022 ~ 023 大学入試問題より引用)  

 

The very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country, and whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed. Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan.

grasp   把握, 理解(力)

appalled  あぜんとして

silly   ばかばかしい, ばかげた, 思慮[分別, 良識]のない

 

the very use of the concept "foreign" shows little grasp the Japanese have of anything outside their own country

►the very A 「まさにその A」 (very は、the / this / that / one's などに伴って、名詞を強調。)   You are the very man I've been looking for.  あなたは、まさに私の探し求めていた人だ。   The very thought of it is disgusting. それを思うだけでも気持ちが悪い。

have a grasp of A 「A を理解[把握]する」   have a grasp of English basic grammar英語の基礎的な文法を把握する   ►the Japanese は、Japanese people のこと。   ►outside A 「A を除いて,  A 以外に」   We should have some interests outside our job.  私たちは、仕事以外に関心事を持つべきである。  ►little grasp the Japanese have of anything outside their own country は、 The Japanese have little grasp of anything outside their own country. を元に、little grasp を先行詞として、名詞句にしたものと捉えることができる。 「自国以外のものに対する日本人の理解のなさ  ⇒  日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないこと」 (この anything は、little という否定語により、「何も(〜ない)」の意となる。)

☞「外国」という概念を用いているということこそが、日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないことを示している

 

whenever I read anything about my own country in newspapers or magazines here I am appalled by the amount of ignorance displayed

►この anything は、肯定文のなかで用いられているので、「どんなものでも」の意。     ►the amount of ignorance displayed 「露呈される無知の量」 (過去分詞による後置修飾である。)

☞ 私は、ここで、新聞や雑誌で自分の国についてのどんなものでも、読むたびに、露呈される無知の量に唖然とするのだ

 

Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something which seems as silly to me as the "Fujiyama-geisha" image of Japan.

►Any news about England always uses the foolish label of "shinshi no kuni", something ~ は、先行する文に、コンマを用いて、something 以下の名詞句つないだ構文。先行する文全体、あるいはその一部の意味を補ったり、言い換えたりする表現である。   We have had little rain this summer, the condition which may lead to a serious water shortage.  この夏は雨が少ない。それは、深刻な水不足を引き起こすかもしれない状況である。/  この状況は、深刻な水不足を引き起こすかもしれない。       ►something which ~ 「~であること,  ~すること」  something which has to do with someone's private life  人の私生活に関すること(have something to do with A 「A と関わりがある」)

☞ 英国についてのどのニュースも、いつも「紳士の国」という愚かなレッテルを用いている。それは、日本に対する「フジヤマ ゲイシャ」のイメージと同じくらい、私にとっては、ばかばかしいと思えることである。

 

試 訳 例

「外国」という概念を用いているということこそが、日本人が、自国以外の何も、ほとんど理解していないことを示している。私は、ここで、新聞や雑誌で自分の国についてのどんなものでも、読むたびに、露呈される無知の量に唖然とするのだ。英国についてのどのニュースも、いつも「紳士の国」という愚かなレッテルを用いている。それは、日本に対する「フジヤマ ゲイシャ」のイメージと同じくらい、私にとっては、ばかばかしいと思えることである。

 

Not that it is something which annoys me, for I have understood that people are happy with these platitudes which save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity.

annoy   悩ます, 苦しめる, 困らせる, いらいらさせる

platitude   平凡な説, 決まり文句

vulgar   品のない, 粗野な, わいせつな, 俗な, 大衆的な, 通俗の, ありふれた

 

not that it is something which annoys me

►not that ~ 「だからと言って(that以下)というわけではない」(= it's not that ~)   I can’t accept the offer ―― not that I don’t like it. その申し出は受けられない。だからと言って、それが嫌いだというわけではないが。     

☞ だからといって、それが私をいらだたせるものだというわけでもない

 

save them the trouble of thinking about things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity

►save A the trouble of doing 「A(人)が〜するという面倒を省く」 (V O Oの文型である。)   Using the internet saves[spares]you the trouble of going to the bank.  インターネットを使えば、銀行に行く手間が省ける。    ►have an interest in A 「A に興味[関心]がある,  A に利害関係を持つ」      ►things in which they have no deep interest, but merely a vulgar curiosity 「深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄」 (「A への好奇心」は、a curiosity in Aではなく、a curiosity about A であることから、a vulgar curiosity はin which につながらず、したがって、本来は、things which they have no deep interest in, but merely a vulgar curiosity aboutとすべきと思うのだが。)

☞ 深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄について考える煩わしさを人々から省く

 

試 訳 例

だからといって、それが私をいらだたせるものだというわけでもない。なぜなら、深い関心があるわけではまったくなく、単に通俗的な好奇心しか持っていないような事柄について考える煩わしさを省いてくれるこれらの決まり文句があれば、人は満足なのだということは、理解しているからである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム

英 文 和 訳 022

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures. The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there. Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything. They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows. One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan. (023へ続く)

 

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures. The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there. Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything.

whatsoever   どんなものであれ, 何であれ, 少しの〜も

alienate   ~を遠ざける, ~を疎遠にする, ~を疎外する

 

My own feeling now is that the great majority of people have no interest whatsoever in understanding people of different cultures.

►S is(that)S V は、「S は、that 以下である」の意。  The problem is that there is little time left.  問題は、残された時間はほとんどないということである。/  困ったことに、残された時間はほとんどない。     ►no ~ whatsoever は、 no を強調して、「少しの〜もない」の意。 I had no money whatsoever.  私はまったくの無一文だった。     ►people of different cultures 「異文化の人々,  文化を異にする人々」 この of は、「ある抽象的性質の所有」を示す。 This is a book of importance.  これは重要性を持つ本だ。 ⇒  これは重要な本だ。 

☞  大多数の人々は文化を異にする人々を理解することに少しも興味がないのだと、私自身は感じている。

 

The language barrier alienates people, and translation does not overcome it, probably because people like the barrier to be there.

►people like the barrier to be there 「人は壁がそこに存在することを好む」 People like it that the barrier is there. を、不定詞を用いて名詞句に変えたものである。 (動詞の like は、that 節を直接に目的語とすることはできないので形式目的語 it を用いて、like it that と表される。)

☞ 言葉の壁が人々を遠ざけ、そして翻訳は言葉の壁を乗り越えられないのは、おそらく、人は壁が存在することを好むからだろう。

 

Human beings are lazy animals; the majority of them dislike thinking about anything.                                                                        

►think about A 「A について(じっくりと)考える」  I'm thinking about my future. 将来についてよく考えている。

☞ 人間は怠慢な生き物だ。ゆえに、大多数の人間は、何についてもじっくりと考えることを嫌がる。

 

試 訳 例

大多数の人々は文化を異にする人々を理解することに少しも興味がないのだと、私自身は感じている。言葉の壁が人々を遠ざけ、そして翻訳は言葉の壁を乗り越えられないのは、おそらく、人は壁が存在することを好むからだろう。人間は怠慢な生き物である。ゆえに、大多数の人間は、何についてもじっくりと考えることを嫌がるのだ。

 

They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows. One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan.

simple    取るに足りない, ささいな

prejudiced    偏見を持った, 偏見に満ちた, 不公平な

myth    神話, 作り話, 根拠のない社会通念, 俗説

 

They are happy with a few simple prejudices, a fact perhaps even truer of the Japanese than it is of the English, who are prejudiced enough, God knows.                                                                                                                        

►be happy with A 「A に満足している,  A を喜んでいる」  She wasn't quite happy with her husband.  彼女は、夫に満足していたというわけではない。    ►They are happy with a few simple prejudices, a fact ~ は、先行する文に、コンマを用いて、名詞句をつないだ構文であり、先行する文全体、あるいはその一部の意味を補ったり、言い換えたりする表現である。 Do you know of Lhasa, the Land of Deities?  神の国、ラサを知っているか。  We have had little rain this summer, the condition which may lead to a serious water shortage.  この夏は雨が少ない。それは、深刻な水不足を引き起こすかもしれない状況である。/ この状況は、深刻な水不足を引き起こすかもしれない。     ►a fact perhaps even truer of the Japanese は、 a fact を perhaps even truer of the Japanese が後置修飾している。 「日本人に、より当てはまる事実」の意。(even 「(比較級を強調して)いっそう, さらに」    be true of A 「A に当てはまる」)      ►it is of the English は、it is true of the English の true を省略したもの。(it は、the fact を指すと思われる。)      ►it is of the English, who are prejudiced enough は、関係代名詞の非制限用法であり、who の先行詞は the English。  He has an older sister, who lives in Sendai.  彼には姉が一人いて、その人は仙台に住んでいる。   Her son lives in Tokyo, which is the capital of Japan.  彼女の息子は、日本の首都である東京に住んでいる。 (先行詞が固有名詞のときは必ず非制限用法が用いられる。)      ►God knows 「間違いない, 確実である」  God knows she’s had a hard life.  彼女が厳しい人生を送ってきたのは間違いない。 (cf.   God knows where he's gone.  彼がどこへ行ってしまったかは誰も知らない[神のみぞ知る]。)

☞ 人間は、多少のささいな偏見を持つことに納得している。このことは、たぶん英国人よりも日本人に当てはまる事実であるが、英国人は十分に偏見に満ちているということは間違いないのだ。

 

One of the great myths in this country is that the Japanese understand foreigners, but foreigners don't understand Japan.                                

►one of the great myths 「とんでもない俗説の一つ」 (great は、皮肉を込めて逆説的に用いられ、「どうしようもない, ひどい」などの意を表わすことがある。 That’s just great.  もう最悪だ。)

☞ この国にあるとんでもない俗説の一つであるが、日本人は外国人を理解できるが、外国人は日本のことが理解できないということである。

 

試 訳 例

人間は、多少のささいな偏見を持つことに納得している。このことは、たぶん英国人よりも日本人に当てはまる事実であるが、英国人は十分に偏見に満ちているということは間違いないのだ。この国にあるとんでもない俗説の一つであるが、日本人は外国人を理解できるが、外国人は日本のことが理解できないということである。

 

ご質問やご指摘などの際は、右のメールフォームを開いてください。   メールフォーム